深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
篠原さなえ『「魅せる声」のつくり方』
「魅せる声」のつくり方 (ブルーバックス)「魅せる声」のつくり方 (ブルーバックス)
篠原 さなえ

講談社
売り上げランキング : 5288

Amazonで詳しく見る

 具体的にいうと、おへそより「指1本か2本上」から「みぞおちの少し下」の中間点あたりです。もっと簡単にいうと、おへそのすぐ上にげんこつを一つ置いたあたりです(図2-6)。
 私はこのポイントを「笑うツボ」と命名しました。
 従来の「丹田」を意識した呼吸法は、横隔膜が下がった場所だけを意識していたわけですが、ふつうに考えれば「吸うときは下がりきった場所」を、「吐くときは上がりきった場所」を意識したほうがよいに決まっています。つまり、以下のように考えてください。
●腹式呼吸で空気をたくさん吸うには、横隔膜を下げればよい
 → 下がった方向にある「丹田」を意識
●腹式呼吸で息を吐くには、横隔膜を上げればよい
 → 上がった方向にある「笑うツボ」を意識

篠原さなえ『「魅せる声」のつくり方』


 ニコニコ動画ができてサブカルチャーに再び触れる機会が多くなったり、ラジオを定期的に録音して聴くようになったりして、人間の魅力のなかで声の占める割合はずっと大きいのではと思うようになった。

 落ち着いた声ではきはきとした語りであるだけで耳に残り、説得力があると感じるし、声だけで心の琴線を揺さぶられることもある。反対に興味深い話でももごもごとした語り方では頭に入ってこないこともある。

 そんなわけでたとえ専門にするわけではなくても、日常に役立つこともあるだろうと思い、ボイストレーニングには興味があった。しかし、一日にみっちりと時間をとるのは大変で、やはり三日坊主になりがちだった。
[篠原さなえ『「魅せる声」のつくり方』]の続きを読む
石原千秋『教養としての大学受験国語』
教養としての大学受験国語 (ちくま新書)教養としての大学受験国語 (ちくま新書)
石原 千秋

筑摩書房
売り上げランキング : 11101

Amazonで詳しく見る

 そしてポイントの第五。出題者にとって意外に大切なのが、受験生の心に残る文章であること。入試問題は、合格した受験者だけではなく、不幸にも不合格者になった受験者にも真剣に読んでもらえる唯一の文章なのだ。だから、せめてこの大学の国語問題は面白かったとか洒落ていたとか思ってもらいたい。志と野心のある出題者は、そんな気持ちを持つものなのだ。そこで、学問の先端に少しでも触れている文章を選ぼうとすると、トレンドの書き手のものになるというわけだ。

石原千秋『教養としての大学受験国語』


 今思うと恥ずかしくてならないのだけれど、私は受験勉強が嫌いだった。数式を見ると頭がくらくらしたし、英単語をこつこつ覚えるなんてまっぴらごめんだった。

 かといって受験競争からドロップアウトする度胸もなく、何とない焦りにかられて大学受験の勉強を始めることにした高校時代。しかし嫌なことはしたくなかったから、必須ともいえる数学や英語はそこそこに、他人のあまりやらない世界史や国語、しかも現代文ばかり勉強していたのだった。

 その割りにセンター試験の国語の点数は散々だったが、それでも何とか大学にすべり込むことはできた。そのせいで数学と英語で後々苦労することになったけれど、悪いことばかりではなかったと思う。
[石原千秋『教養としての大学受験国語』]の続きを読む
Edith Nesbit『Five Children and It』

And they went home - very late for tea and unspeakably late for dinner. Martha scolded, of course. But the Lamb was safe.

'I say - it turned out we wanted the Lamb as much as anyone,' said Robert, later.
'Of course.'

'But do you feel different about it now the sun's set?'

'No,' said all the others together.
'Then it's lasted over sunset with us.”
“No, it hasn't,' Cyril explained. 'The wish didn't do anything to US. We always wanted him with all our hearts when we were our proper selves, only we were all pigs this morning; especially you,
Robert.' Robert bore this much with a strange calm.
'I certainly THOUGHT I didn't want him this morning,' said he. 'Perhaps I was a pig. But everything looked so different when we thought we were going to lose him.”

(拙訳)それから子どもたちは家に帰りました――お茶の時間には遅すぎましたし、食事にはお話にならないぐらい遅い時間でしたが。マーサはもちろん怒りました。でもラムは無事だったのです。
「だからさ、僕たちは誰よりもラムのこと必要だったってことだよ」ロバートは後になっていいました。
「もちろんだよ」
「でも、もう日が沈んじゃったから、気が変わっちゃったんじゃない?」
「そんなことないよ」他のみんなが一斉にいいました。
「じゃあ願いごとのききめが続いてるんだ」
「違うよ」シリルは説明しました。「願いごとは僕たちには何にもしてないのさ。僕たちがちゃんとしているときは、いつだってラムを心から必要としてるんだ。今朝は僕たち豚にでもなってたのさ。特に君だよ、ロバート」
 ロバートはしばらくじっとこの言葉をかみしめていました。
「ラムなんていらないって朝はたしかに思ったんだよ」彼は言いました。「きっとほんとに豚になってたのさ。でもいなくなっちゃうと思ったらすべてが丸っきり違って見えたんだ」

Edith Nesbit『Five Children and It』


 その昔、英文の多読を試していたときに、図書館で『Railway Children』の retold物を読んだことがある。話の筋まではっきりと覚えているわけではないが、ぬっと迫ってくる機関車の迫力のある場面が鮮やかに心に残っている。

 ここ最近『秘密の花園』を皮切りにバーネット夫人の作品を読んできて同じ作者つながりで読んでみようと思ったのだが、夫人の名前で探しても目当ての作品は見つからない。。わかってみれば何のことはない、作者はバーネット夫人ではなくイーディス・ネズビットだったのだ。

 そんなわけで、とんだ勘違いだったわけだけれど、とにもかくにもネズビットの代表作と思われる『砂の妖精』の原文をダウンロードして読んでみることにした。
[Edith Nesbit『Five Children and It』]の続きを読む
セルマ・ラーゲルレーヴ『ニルスのふしぎな旅』
ニルスのふしぎな旅〈1〉[全訳版] (偕成社文庫)ニルスのふしぎな旅〈1〉[全訳版] (偕成社文庫)
ラーゲルレーヴ,香川 鉄蔵,香川 節

偕成社
売り上げランキング : 178047

Amazonで詳しく見る

 ニルスはこんな口げんかを聞いてわらいだした。でも、みじめな自分のことを思いだすと、おかしいどころか、涙がにじんでくる。それでもしばらくすると、またおかしくなってわらってしまうのだった。
 ニルスは日ごろから馬に乗るのが好きだったが、きょうのように早く、あらっぽく乗りまわしたことはない。それに、空の上はこんなにも胸がせいせいすることや、下からは耕土や樹脂のにおいが、こんなに気持ちよくたちのぼってこようなどとは、夢にも思ったことがない。だいいち、こんなに地上はるか高くを飛んでいこうなどとは、まったく思いもよらなかった。こうしていると、ありとあらゆる心配や悲しみや苦しみから逃れて、飛んでいるような気がするのであった。

セルマ・ラーゲルレーヴ『ニルスのふしぎな旅(1)』


『臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ』以来ごぶさたになってしまっているが、大江健三郎は好きな作家の一人だ。単に作品だけでなく、W. B. イェイツフラナリー・オコナーらを知ったのも大江健三郎を通じてであり、大きな影響を受けている。

 そんな大江健三郎が少年の頃に魅了された冒険物語として『ハックルベリー・フィンの冒険』と『ニルス・ホーゲンソンのふしぎな旅』をあげているのは、ノーベル賞受賞講演の「あいまいな日本の私」でも触れられているので、比較的よく知られている話だと思う。

 そんなわけで「ニルス」はいつか読むと決めていたものの、「ハック」に比べると児童書レーベルからしか訳書が出ていない「ニルス」は、文庫版で四分冊ということもあって、なかなか手が出せずにいた。
[セルマ・ラーゲルレーヴ『ニルスのふしぎな旅』]の続きを読む
あけましておめでとうございます
 長らく更新をさぼっておりました。1ヶ月更新がないとこんなに広告で埋め尽くされてしまうんですね。なかなかログを残せない状況が続いてはおりますが、広告が出ない程度には何か書いていけたらなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。