深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』
歴史が教えるマネーの理論歴史が教えるマネーの理論
(2007/07/27)
飯田 泰之

商品詳細を見る

 このような、ある政策が成功であったか否かは、何を政策目標と考えるか――より具体的には誰の生活を改善するための政策なのかによって、180度変わってしまいます。これは現代にまで続く大きな問題でしょう。
 1990年代のデフレを生じさせた経済政策は失敗であったと考える人は多いでしょうが、これはあくまで「平均的国民の経済厚生」が政策の目標であるとした場合の話です。
 リストラの心配が薄く、給与金額が低下しにくい産業に勤める人は、1991年から2000年にかけて、定期昇給以外で、15%近い実質的な給与の上昇を経験しています。そして預貯金を中心とした消極的資産運用をしている引退世代にとっても、預貯金の実質的な価値上昇を通じた利得が生じています。
 自身の実質的な所得が上昇する一方で、その他の人びとの経済水準は相対的に低下するわけですから、デフレを容認する政策は(そのような人にとっては)決して「まずい」政策運営ではありません。

飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』


 こちらも意欲的に著作を出している印象のある新進気鋭の経済学者飯田さんの著作で、一度読んでみたいと思っていた。

 本書は昭和の大恐慌や江戸時代の改革、幕末の金流失など、主に日本の歴史に題材をとりながら貨幣の理論について解説したもの。

 主体はあくまでも貨幣の理論を解説することにあり、歴史はその理論を裏づけるためのエピソードとして扱われている。
[飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』]の続きを読む
出口治明『生命保険入門』
生命保険入門生命保険入門
(2004/06)
出口 治明

商品詳細を見る

 なぜ,このような格差が生じるのだろうか? 定期保険料は予定利率の影響をあまり受けず(責任準備金がすくない)また,日欧米とも死亡率には大差がないので(厳密に言えば日本のほうがやや長命なので保険料は安くなる方向,ただし,日本の方が死亡率の安全割増を大きく見込んでいるので,この点では日本の保険料のほうが高くなる方向にある)主たる差異は付加保険料の大きさによると推測される.表4-4に見られるように,販売チャンネルが多様化しているアメリカでも,新契約販売チャネルのコスト比較を行うと,専属の営業職員による販売チャネルが最もコスト高となる.すなわち,わが国のように,多数の専属営業職員を抱えた生命保険業界では,付加保険料の大きい定期保険をたくさん販売しないと,販売チャネル自体を維持することができない企業構造になっているのである.いわば,商品の定期化と営業職員制度(販売チャネル)の維持とは,ニワトリと卵の関係にあるといってよい.なお,現在わが国で販売されている大手生命保険各社の主力商品では,一説によると営業保険料の3割前後が付加保険料であるといわれている.

出口治明『生命保険入門』


『こんな時、あなたの保険はおりるのか?』を読んで、保険を見直してみようかと近頃考えている。

 一冊読んだだけではいささか心許ないので、よい機会でもあり生命保険について軽く調べてみる気になった。そこでその名もずばりな本書を借りてきた。

 本書は保険会社に勤めていた著者が生命保険の仕組みや歴史、その種類や業界の問題点から保険との付き合い方、理想とする保険のあり方までをまとめたもの。
[出口治明『生命保険入門』]の続きを読む
清水香『こんな時、あなたの保険はおりるのか?』
こんな時、あなたの保険はおりるのか?こんな時、あなたの保険はおりるのか?
(2006/12/01)
清水 香

商品詳細を見る

 ところが、一般的な傾向として、死亡や入院については公的制度が充実しているにもかかわらず、さらに民間の保険で手厚く保障する人が少なくありません。その一方、自然災害への備えについては、あまり保険を意識せず、入っていてもその内容をよく知らない人が多いようです。
 繰り返しになりますが、家計では対処できないほど大きな経済的リスクに自力で対処しなければならないときに威力を発揮するのが保険です。目先の「ソン・トク」ではなく、家計を万が一の経済的リスクから守るために、支出すべき必要なコストかどうかを、クールに計算することが大切です。

清水香『こんな時、あなたの保険はおりるのか?』


 給与が上がらないといわれる中、食料品や燃料の高騰するなど家計の見直しを迫られる家庭も多いかもしれない。

 そんな中、目をつけたのが保険。そもそもなんとなくで加入した保険を内容もよくわからないまま保険料を払い続けているのも何だかなあという思いがあり、本書を手にとってみた。

 本書は表題どおり、どんな場合に保険が降りどんな場合に降りないかをQ&A方式で取り上げながら、保険に加入する際に気をつけるポイントや考え方をまとめたもの。
[清水香『こんな時、あなたの保険はおりるのか?』]の続きを読む
間宮陽介『市場社会の思想史』
市場社会の思想史―「自由」をどう解釈するか (中公新書)市場社会の思想史―「自由」をどう解釈するか (中公新書)
(1999/03)
間宮 陽介

商品詳細を見る

 われわれは、思想というものはある特定の問題に対する一つの解答であることを、ともすれば忘れがちで或る。解答命題のみを思想とみて、その命題を生み出したところの問いを不問に付す。あるいは問いを問題にする場合でも、その問いを特定の問題状況における特定の問いとしてよりは、一般的・普遍的な問いとして捉え、この一般的・普遍的問いにうまく答えたか否かによって、思想の優劣を判定しがちである。最先端の思想は過去の思想に優ると考え、最先端の思想をもって過去の思想の不満をあげつらう。いわゆる現在中心主義の歴史観は、問いについてのこのような見方に起因するといっていいだろう。ポストモダニズムをもってモダニズムの思想を一刀両断に断罪しようとする最近の風潮も現在中心主義の一例である。

間宮陽介『市場社会の思想史』


『物語 現代経済学』に続いて新書で読める経済学史。

 本書はもともと放送大学の「経済思想」テキストだったという。全15回の講義に沿って、経済学の誕生からケインズ以後までの経済思想がまとめられている。

 あとがきで述べられているように、「問題」に焦点をあてていて、市場の変化の中で生じてきた問題にどのように取り組んできたかという視点がとられている。
[間宮陽介『市場社会の思想史』]の続きを読む
山本七平『日本資本主義の精神』
日本資本主義の精神 (B選書)日本資本主義の精神 (B選書)
(2006/04)
山本 七平

商品詳細を見る

 だが、会社種族でない者は、まるで血縁社会における非血縁者のように、そこに何年いようと、生涯をそこで送ろうと、何の権利も認められない。昔、ある出版社に「常勤アルバイト」という制度があった。このアルバイトは社員と全く同じなのだが、十年勤めていても、一片の通告で解雇できた。それは不当解雇でなく、正当解雇なのである。そしてこの差別は当然とされていた。なぜならば、後者は確かに正当解雇だが、前者は血縁集団からの追放に等しく、いわば勘当であり、これはどの社会でも安直にできることではないからである。
 そしてこの種の行き方への反対は、一に、「全員を会社種族とせよ」という反対であっても、「会社種族を解体して全員を同一条件にせよ」ではなかった。すなわち、労働組合の要求も、「機能集団=共同体」への完成へと向かえということだったのである。

山本七平『日本資本主義の精神』


『日本人とは何か』で江戸時代の記述がおもしろく、その時代に育まれたという「日本資本主義の精神」についてもっと知りたく思って読んでみた。

 本書は西洋の資本主義と日本の資本主義が別のものであることを経済の現場にいる人間を実感しながら、誰も日本の資本主義を把握していないとして、その特徴をまとめたもの。

 そしてその資本主義を育んだ思想を江戸時代の思想家、鈴木正三や石田梅岩に求め、最後に日本の資本主義が抱える問題点を洗い出していく。
[山本七平『日本資本主義の精神』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。