深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェフリー・ムーア『ライフサイクルイノベーション』
ライフサイクル イノベーション 成熟市場+コモディティ化に効く 14のイノベーションライフサイクル イノベーション 成熟市場+コモディティ化に効く 14のイノベーション
(2006/05/16)
ジェフリー・ムーア

商品詳細を見る

 生産性向上は企業の進化において必須の要素だ。生産性向上により、他のイノベーションのためにより多くの資源を投入できるようになるからである。生産性向上のためには、既存プロセスの再構築にフォーカスしたイノベーションが必要だ。既存プロセスの深い理解や新しいツールの活用が必要になる。そして、各プロジェクトが単独で投資に見合うだけの利益を上げられるよう資源の調整を行うことにフォーカスが向けられる。通常、これは予算と要員のカットという形で行われる。多くの企業が不得意とするのは、生産性向上により余剰になった資源を別の目的に割り振ることだ。多くの場合、経営陣はレイオフや資産の償却を行ってしまう。しかし、これは従業員にとっても社会にっても好ましくない選択肢であり、将来における不信の種を植え付けることにもなりかねないきわめて高価かつ非効率なアプローチだ。イノベーションのこうかを継続的に享受するためには、より健全な選択肢を選ぶことが重要だ。

ジェフリー・ムーア『ライフサイクルイノベーション』


 ネット上では著者の「キャズム」という言葉を目にすることも多く、おもしろそうなので手にとってみた。

 私にとってはイノベーションというと無から新しいものが創造されるイメージが強い。

 しかし本書はそれが間違いであり、市場の成長サイクルに応じたイノベーションがあることを論じたもの。

 ハイテク商品市場やアメリカの大企業をベースに議論がなされるのでややなじみが薄くはあるけれど、事例が豊富で助かる。

 本書では、基本的な概念を紹介した後、シスコ社を対象に、詳細にその戦略を分析している。
 もしその企業が置かれている市場に対応しない戦略を選んでしまえば、競合他社に並ぶ目的で行ったものがついつい必要以上にやりすぎてしまったりと、イノベーションへの投資は単なる浪費となってしまう。

 もう一つ重要な視点が著者がビジネス・アーキテクチャと呼ぶもの。少数の大企業向けに大きなものを売るコンプレックス・システム型と一般消費者向けに大量に供給するボリューム・オペレーション型。

 この二つのモデルはビジネス手法がかなり異なるため、一方で培ったノウハウがもう片方へ応用することが難しい。

 このような基本を整理した後、著者は市場サイクルのそれぞれで14種類のイノベーションが有効であるかをその成功企業を列挙しながらまとめていく。

 市場が黎明期の場合は新しい市場を打ち出す破壊的イノベーションなどが有効になるし、キャズムを超え市場が成熟しコモディティ化してくると、機能面の追求ブランド戦略やコスト削減などが求められるなどなど。

 そして最後に、企業は過去の成功体験や投資なから慣性力を持っている。そういった力を受けるなで、いかにして成長分野に資源を配分する方法を考えていく。

 著者はこれをコアと呼ぶ企業の中の市場で他社に優位に立てるポテンシャルをもった要素へ、コンテキストと呼ぶそれ以外の要素から資源を配分しなおすことだとする。

 ここではアウトソーシングや人事異動のポイントが語られている。


 上述のようにハイテク市場の例が多いけれど、より広くあの企業は今成長サイクルのどこに位置していて、こういう戦略をとっているんだろうなとか考えていけるようになったらおもしろいなと思った。

 引用したところからも窺われるように、ある領域から撤退して不要になった人材も安易にレイオフを行うのではなく、社内で活用しようという手法も紹介していて、共感ができた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/89-2d57feae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。