深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉吉宏『ブッタとシッタカブッタ(3)』
ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにあるブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る

 自分を笑いなさいな
 深刻になると
 人生を見誤るよ

小泉吉宏『ブッタとシッタカブッタ(3)』


『ブッタとシッタカブッタ(1)(2)』に続いて三巻目。とりあえずこの巻でシリーズは一区切りのよう。

 前巻と同様、悩めるブタ「シッタカブッタ」を主人公にした四コママンガが収められている。

 前半はゲシュタルト心理学などを下敷きに、人間の物の見方が「正確」でないこと、先入観に捉われていることなどがわかりやすく描かれている。

 後半はこれまでの巻で描かれた「そのまんま」というテーマにもう一度取り組んでいる。禅問答のような感じがおもしろい。
 という意味ではわかったといえるかわからないが、この巻は以前の巻に比べてより著者自身の言葉で語っているような印象を受ける。

 そのせいか、前巻よりもとても素直に読むことができたし、共感できる部分も多かった。この巻で文藝春秋漫画賞をとったというのも納得できる気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/84-16e26fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。