深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンテーニュ『エセー(2)』
エセー〈2〉 (ワイド版 岩波文庫)エセー〈2〉 (ワイド版 岩波文庫)
(2002/07/16)
ミシェル・エイクム・ド モンテーニュ

商品詳細を見る

 さて、われわれはひとりで生き、道連れなしで行こうという以上、自分次第で満足できるようにしよう。自分を他人に結びつけるあらゆるつながりから引き離そう。自分の上に、本当にひとりで、安楽に生きる力を獲得しよう。

モンテーニュ『エセー(2)』


 岩波文庫版「エセー」6分冊の2冊目。一巻はこちら(モンテーニュ『エセー(1』)。

「英文法に強くなる」で知ったことだけれど、エセーとは試論という意味らしい。やはり日本のエッセイという言葉からイメージされるのとは少し違い、「~について」という考察が並ぶ。

 この第二巻は第一巻に比べ、私にとっては時代的な興味しか感じない細かい伝聞的な章が減って、より普遍的なテーマを扱ったものが多くなったように感じられ、楽しんで読めるようになってきた。
 引用した部分は「孤独について」という章から。名誉を求めず自らの楽しみ・問題に注力しようという考え方にとても共感した。

「書物について」という章でも、頭を悩ましてまで本を読むことはない。よく死によく生きるという私の問題に関係があるかどうかだというのも、見習いたいスタイル。

「酩酊について」という章では、飲酒を否定しながらも、拷問に耐える殉教者も一種の昂揚状態であるし、どんな哲学者でも精神を動かされる。だから節制と抑制を心がけるのがよいといっていて、極論に走らないバランス感覚があると思う。

 本のあおりに「気の置けない友を見出すだろう」とあるのは、言い得て妙だなと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/83-1269dfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。