深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エドワード・デシ、リチャード・フラスト『人の伸ばす力』
人を伸ばす力―内発と自律のすすめ人を伸ばす力―内発と自律のすすめ
(1999/06/10)
エドワード・L. デシリチャード フラスト

商品詳細を見る

 随伴的な愛情や尊敬を統制の手段として用いると、取り入れを促すだけでなく、人々が自分自身を随伴的に評価するようになるという、さらに悲惨な結果をもたらす。彼らは、他者からの愛情と尊敬を得るために外的な要求に添って生きなければならなかった。それと同じように、今彼らは自分自身からの愛情と尊敬を得るために、取り入れられた規範にしたがって生きなければならないのである。彼らは、取り入れられた規範からの要求どおりに行動したときにだけ、価値ある人間だと感じることができる。私のkる哀婉とが父親への怒りを表現したとき、彼は価値のない人間であると感じたのだった。そうした随伴的な自己価値観のため、彼は取り入れられた規範の支配から逃れることができなかった。それはあまりに強力で、ほんのちょっと抵抗しようとしただけでも、ほとんど麻痺したようになってしまったのである。

エドワード・デシ、リチャード・フラスト『人を伸ばす力』


 市川伸一氏の著作で勧められていたので読んでみた。著者は内発的動機づけの研究で有名な人。

 内発的動機づけとは、何かのために活動を行うのではなく、意欲・やる気からその活動自体へ動機づけられること。

 本書では内発的動機づけを解説する一方、その観点から教育や人間関係のあり方、自由といった問題にも踏み込んで提言を行っている。
 著者は学生たちにおもしろいパズル課題を与え、報酬を与えるグループとそうでないグループに分けた。そして待機時間にパズルに取り組む時間を測定し比較した。

 結果は、報酬を伴わせたグループではパズルに自発的に取り組む時間が大幅に減っていた。著者らはさらに実験を進め、これは人が自分の行為は自分で決めたいという自律への欲求があり、他者から統制されることを嫌うからだと考えるようになった。

 同様に競争も勝つことが目的となってしまい、活動に対する満足感を奪われてしまう。また自律性だけでなく、何かを成し遂げてたいという自らの有能感も内発的な動機づけの背景にあることがわかっていった。

 こういった人間の自律を促し、活動への動機づけを高めるのは、個人に選択権とそれを行うための情報を与えることである。また自ら目標を設定することなども大切なのだという。

 引用した部分は自らの価値を外的な随伴性によって規定されると、「何かができなければ自分に価値がない」となってしまい問題があると指摘している部分。

 外部に依存しない真の自尊感情を手に入れること、またある場合にだけ愛情などを示して他人を統制しようとするのでなく、どんな場合にも肯定や愛情を持つことが必要になる。


 内発的動機づけの本ではスキナーや行動主義を感情的に批判しすぎているのではないかと思うものもあるが、著者らはさすがに慎重に議論を進めている。

 ここで提唱されているような統制しあわない人間関係は、良識的だなと思う。人間についてかなり信頼感がないとできないようにも思う。

 とはいえ、人間関係の在り方について色々と考えさせられる良書。もう少し丁寧に読めばよかった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/74-0e5f50f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。