深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友野典男『行動経済学』
行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
(2006/05/17)
友野 典男

商品詳細を見る

 しかし、ここで強調しておくべきことは、本章であげたような問題で間違えたり、経済人とは違う決定をすることが多いというのは事実であっても、そこから「人は合理的でない」という、人間の非合理性を決めつけるような結論を安易に出すことは(実際にそのような文献も見られるが)、はっきり言って間違いである。
 人は、完全に合理的ではないが、そこそこは上手くできるという意味で「限定合理的である」と言うのが一番適切である。

友野典男『行動経済学』


 本書は行動経済学の入門書。経済学で一般に仮定する合理的に行動する経済人ではなく、感情を持ち、純粋な計算とはちがう方策を取ることもある限定的な合理性を持った人間の特性を経済学にも反映させようという領域。

 第一章が「経済学と心理学の復縁」となっている通り、ヒューリスティクスやゲーム理論などの心理学の本を読んでいてもよく出てくる言葉が使われている。

 最後のほうではダマシオのソマティック・マーカーや心の理論まで出てきて驚いた。かなり学際的で幅広い知識が要求される学問のようだ。

 色んなクイズやを用いて人間の意志決定場面における認知特性や行動傾向を解説しているのでおもしろい。クリティカル・シンキング系の本が好きな人も楽しんで読めると思う。
 特にプロスペクト理論の説明は興味深かった。利得に関してはリスク回避し確定したがる一方、損失に関してはリスクを冒してでもそれを減らそうとするといった人間の傾向を反映した効用関数を使って、人間の行動を予測していく。

 ここでは人間の現状維持的な傾向が明らかになる。そして再分配に対する人間の抵抗が想像以上に大きいかもしれず、公共政策にも示唆を与える可能性がある。

 またリスクと不確実性の中間を「あいまい性」と名づけて研究しているエルズバーグという研究者もいると知って興味を持った。


 400ページ近く新書としては分量が多いが、内容もかなり詰まっていて結構ハードだと思う。また新しい分野なのでまだ体系だっていないように感じられる部分もあり、事例が連ねられているだけのようにも見える。

 けれども人間の行動を予測していく面で可能性をもっているおもしろい分野だと思う。今後の発展を期待しながら少しでも追っていきたいな思った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/68-ac7bdf5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。