深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高島俊男『漢字と日本人』
漢字と日本人 (文春新書)漢字と日本人 (文春新書)
高島 俊男

文藝春秋
売り上げランキング : 103937

Amazonで詳しく見る

 言語学の教えをまつまでもなく、本来、ことばとは人が口に発し耳で聞くものである。すなわち、言語の実体は音声である。しかるに日本語においては、文字が言語の実体であり、耳がとらえた音声をいずれかの文字に結びつけないと意味が確定しない――コーコーという音は「高校」あるいは「孝行」という文字に結びつけてはじめて意味が確定する――のであるから、日本語は「顚倒した言語」であると言わねばならない。
 世界数千種の言語のなかで、日本語は比較的やさしい言語か、むずかしいほうか。また、ごくふつうの言語か特殊な言語か、ということがよく言われる。この「顚倒した言語」であるという点では、たしかに特殊な言語であろうと思う。
(中略)
 そして何より重要なことは、日本人がそのことをすこしも意識していない、ということだ。だから、明治以後の日本人の言語生活のなかで感じがどんなに重要な役割をはたしているかにも気づかない。政府や知識人がくりかえし漢字の削減、ないし全廃を主張してきたのもそのゆえである。いかに重要な役割をはたしているかに気づいていないから、「こんな時代おくれなものはなくしてしまいましょう」と気軽に言えるわけだ。

高島俊男『漢字と日本人』


『お言葉ですが…』シリーズで有名な高島俊男さんの本。何年か前に話題になった新書として覚えている。

 あとがきによれば、本書は「日本における漢字の問題を外国人向けに書いてください」という依頼を受けて書いた文章を新書の形に増補したもの。

 日本での漢字の受け入れの歴史をたどりながら、現代における日本語のありかたを考えていくもの。
 私たちはふだん何ということはなく漢字を使いこなしているが、著者はその出会いは不幸なものだったという。漢字という完成したシステムがはいってきたために未熟な日本語は発達がとまり、抽象的な概念を操作する能力が育たなかった。

 また日本語を漢字で表すために相当な無理をする必要があった。私たちは「山」を「やま」と読むことに何の疑問も持たないが、「mountain」を「やま」と読むことを思えばその奇妙さが見えてくるという。

「雲」や「山」のようなものはともかく、一対一に対応するものばかりではない。ために、一つの漢字が何通りにも読めたり、一つの日本語にいくつもの表記が可能になったりする。

 それに拍車をかけたのが明治以後の新語の濫造で、西洋化する過程で、意味に基づいて漢字を組み合わせいくつもの新語が作られた。その際、音は無視されたため、同じ音の語がいくつも生まれた。日本語の発声は単純だから、漢字の音も簡略されるから、なおさら悪かった。

 日本語は世界でもめずらしい音のみでは意味のとれない、文字と結びついてはじめて意味の確定するふしぎな言語になったのだ。

 このようにけっして幸せな結びつきとはいえなかったものの、漢字と日本語はもう後戻りできないところまできてしまった。

 ところが明治以後、漢字混じりの日本語を遅れたものと考える人々が絶えず存在した。アルファベットの使用や字体の簡略化、使用数の制限など、さまざまな試みがそれである。

 しかし言語というのはそれぞれの民族の世界のとらえかた、切りとりかたが反映したものだ。それを捨て去るということは過去の日本と断絶してもかまわないということになってしまう。

 戦後の混乱に乗じて性急におこなわれた常用漢字の制限や新字体での表記の一般化は漢字同士のつながりを断ち、「だ捕」などのまぜがきしか許されないというのは愚かなことなのだ。


 講義を聴いているような文体で軽く読んでいけるが、中身はなかなかに難しかった。漢字混じりの日本語を何不自由なく使っているけれど、その受容から説きおこされると、そうそう単純なものでもなく、目から鱗が落ちるような思いが何度もした。

 日本語は耳で聞いても一意には定まらない。文脈の中から漢字を通じて意味を思いおこして理解するというのはなるほどと思う。だが、それ以上に音声のみで意味の定まらない世界でも特殊な言語だというのは、確かにまったく意識していなかった。

 漢字をなくしてしまおうというのは過去の日本と断絶してもよいということだ。日本の文化など遅れているから捨ててしまってもかまわないということだ、という指摘にははっとさせられた。

 覚えるべきものが少なくなってラッキーというような問題ではないのだ。戦後の教育を受けた私にとっては戦前の文章も旧字旧かなでは簡単には読むことができない。それがいいことなのか悪いことなのか、議論も尽されないまま決まってしまったというのは怖いことだ。

 私も何となくで文章を書いているけれど、これはやまとことばだからかなで書くとか考えたこともなかった。今から旧字旧かなを覚えるのはとてもできそうにないが、漢字を使うことに少しは気をくばっていきたいとは思うのだった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/362-a68648bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。