深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曽村保信『地政学入門』
地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))
曽村 保信

中央公論社
売り上げランキング : 7233

Amazonで詳しく見る

 ソ連は、しばしば大陸国家だといわれる。が、とくにその中心部についてみるとき、白海とバルト海、そして黒海という周辺部の運河または上記のような河川の体系によって互いに結ばれている。もとより大型の船舶はこれらを航行できない。しかしながら三千トン内外の、優に外洋の航海にたえられるだけの艦船が、内陸を自在に往来できるのは、この国だけである。したがって、このことは戦略的にみて、大変重要な意味をもっている。
 たとえばモスクワ近在の工場の製品を積載した船は、まず黒海に出てから、さらに地中海を経て、世界の各地に物を運ぶことができ、その間に荷物を積み替える必要がない。あらゆる商業用船舶が軍の統制下にあるソ連では、武器の積み出しももちろん同時にできる。そして場合によっては、アマゾン川をさかのぼってキト(エクアドル)の近辺まで行くこともある。こうしてソ連国内の水系は、南米のアンデス山脈までつながっているわけだ。このように国内の河川航運と外洋における海運とをひとつなぎにしてみたのが、つまりソ連の“水運”である。

曽村保信『地政学入門』


 地政学というと、お話にすぎないとばっさり切り捨てる向きも比較的多く、うさんくさい印象を持っている方も多いかもしれない。

 しかし都市の誕生挿話には名将が草の生えた土地の発展性を見抜いたというものが多くあるし、兵法家が歩き回って要害の地を見つけたり、土地の特性みたいなものが何かしらあるような気もする。

 そういう一種の山師的な魅力を地政学には感じ、勝手なイメージを抱いていたのだけれど、実際の学問としての地政学というのはどういうものだろうと思っていて、この本を手にとってみた。
 地政学とは地球を一つの単位として、リアルタイムにその動向を捉え、政策に反映させようという、高度な政策科学なのだという。

 本書は、英国のマッキンダー、ドイツのハウスホーファー、マハンを中心とするアメリカの地政学、モンロー主義の進展の紹介に大部分を割いている。そして最後に、出版当時(1984年)の状況を地政学的に取り上げている。

 例えばマッキンダーは、ユーラシア・アフリカ大陸の心臓部(ハートランド)を支配しようとする勢力とそれを阻止しようとする海洋勢力(シー・パワー)の対立が世界を動かしてきたとし、第一次世界大戦時の国際社会で伸長するランド・パワーに強い危機感を抱いて、シー・パワーを再編成する必要を訴えたという。

 本書を読んでいくと、これらの理論家たちが生きた当時の状況を分析し予測していたことに驚いてしまう。そこから具体的な戦略的指針が打ち出されていくのはとても興味深い。

 しかし、かなり広範な知識・情報を必要とするのは確かであり、実際的・属人的な感じがして、学問としての確立した方法があるのかはよくわからなかった。

 私自身知らないことばかりで、ナイーヴにすぎるのを反省しなければならないと思う。世界について知らないことばかりだ。ロシアは凍結したイメージしかなかったけれども、上に引用した部分のように、水運がそれほど発達しているとは思ってもみなかった。ロシアもものすごくポテンシャルのある国だと改めて思う。

 上で書き連ねた私の勝手なイメージとは、内容もスケールも全然違ったけれども、その世界の見方が新鮮に感じられた一冊。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/332-37379fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。