深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイケル・ルイス『マネーゲーム』
マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)
マイケル・ルイス,中山 宥

ランダムハウス講談社
売り上げランキング : 4619

Amazonで詳しく見る

 スカウト業界にはポールの興味をそそる特徴がいくつかある。第一に、野球経験があるスカウトはつい、必要以上に自己経験と照らし合わせて考えようとする。自分の体験こそ典型的な体験だと思いがちだが、実際はそうでもない。第二に、スカウトは、選手のいちばん最近の成績ばかりを重視する傾向がある。最後にやったことが次にやることだとはかぎらない。第三に、目で見た内容、見たと信じ込んでいる内容には、じつは偏見が含まれている。目だけに頼っていると錯覚に陥りやすい。誰かが錯覚に惑わされているとき、現実を見据えられる別の人間にとっては金儲けのチャンスだ。野球の試合には、目に見えない要素がたくさんある。

マイケル・ルイス『マネーゲーム』


 前から評判を聞いていておもしろそうだなと思いつつ読まずにしまっていたこの本。最近、はてブにあがっていた2ch のまとめブログ(【教養】もっと早く読んどきゃよかったという本)で名前があがっていて、やはり読んでおこうと思い直した。

 かつて将来を嘱望されたメジャーリーガーだったビリー・ビーンという男が、失意の現役生活を送った後、オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーに就任し、チームを快進撃させることになる。その理由に迫ったドキュメンタリー。

 本の表紙には「不公平なゲームに勝つ方法」とも書かれており、資金の潤沢な球団が有名選手をかき集める中で、経営の苦しい弱小球団アスレチックスがなぜ勝利を収めることができたのか、というとても興味深い問題を本人への直接の取材に基づいて解き明かしていく。
 その成功の鍵はセイバーメトリクスと呼ばれるデータを駆使して「お買い得な選手」を探し出し、最大限に有効活用することにあった。野球選手の発掘はスカウトが全国を飛び回り、その目で判断するという方法に頼ってきた。

 しかしビーンは野球の勝利に貢献度の高いデータは何かという分析を行った。そこで打者では出塁率、投手では与四球、奪三振、被長打数などが重要だと判断された。そしてそのデータをもとに、スカウトがこれまで重視してきた部分ではだめだったり、不恰好に映って日の目を見ることのなかった選手。いわば傷物をデータによって浮かび上がらせる。

 華々しい実績こそないものの勝利を左右する部分の成績は抜群。そういった選手をかき集め、当初鼻で笑っていた周囲を驚嘆させていく。そのプロセスがとてもドラマチックだった。

 構成も巧みに練られていて、ビリー・ビーンが大物新人としてプロ契約を結ぶまでをエピローグとして描き、順風満帆に見えた船出がうまくいかなかったことをにおわせ、GMとなってドラフト会議を前に従来とは全く違った人材起用を採用しようとする未来のビーンが描かれる。

 そして選手として失敗したビーンのその後を描いた後で、データ重視の手法でドラフト会議の場面を逐一追っていく。リストアップした選手が他の球団とかぶることなく次々と取れていくドラフト会議の緊迫感、臨場感はものすごく、読んでいて楽しかった。

 怪我により送球できないという致命傷を持った捕手スコット・ハッテバーグのファーストへのコンバート、サブマリン投法のチャド・ブラッドフォードの発掘など、脇をかざるサクセスストーリーも多彩に色をはなっている。

 そして最後、重大な決断に迫られたビーンが、人生のスタート時とつながる言葉を出すなど、ドキュメンタリーのお手本のような構成が見事。



 私自身も野球ゲームで色々な選手をかき集めて遊んだことがある。そこではやっぱり「野球通」的な意見をとりいれて、機動力重視、守備、走塁重視のチームをつくっていた。

 しかし送りバントはみすみすアウトを献上する愚策、盗塁はアウトになる確率をたぶんにはらんだリスクのある作戦であると、データと実績をもとにくつがえされていくのには目から鱗が落ちる思いだった。

 最近では、打球の飛んだ位置を記録して役立てようという試みもあるようで、もしその続きがあるなら気になるなと思った。


 選手を転がして肥え太っていくようなビリーの強権的な運営や、生き馬の目を抜くような交渉術は見ていて辟易してしまうところはなくもない。けれど、人の目の当てにならなさ、統計的なデータ解析手法の有用性を示すものとしては確かに実用的なのかもしれない。

 それ以上に、何はともあれ、単純に読んでいて楽しい作品だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/322-b6355245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。