深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

「だから、私にはやっぱり、成果よりも努力が重要だ……って言うことはできないの」
「みなみ……」
「それは、真摯さに欠けると思うの」
 と、みなみは言った。
「私には、マネジャーとして、野球部に成果をあげさせる責任があるわ。野球部を甲子園に連れていくことが、私の責任なの」
 みなみは、穏やかだが、しかし決然とした口調で言った。
「その立場の人間が、結果ではなくプロセスを大切にするというのは、やっぱり真摯さに欠けると思うの」

岩崎夏海
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』


『もしドラ』の略称で、最近何かと話題の一冊。だいぶ前に予約してすっかり忘れていたところ、ようやく順番がまわってきたので読んでみた。

 日本でマネージャーというと部活動のイメージが浮かんでくるけれど、そのままドラッカーの『マネジメント』に結び付けてしまった作品。

 高校2年生の夏から野球部の女子マネージャーになった川島みなみが、勘違いして買ったドラッカーの『マネジメント エッセンシャル版』を読み込んで、都立高校野球部を甲子園へ導くため奮闘するという小説仕立てになっている。
 かなり目を引くイラストが表紙を飾っているものの、ライトノベル的なテイストは少なく、一般的な青春ストーリーとなっている。


 小説としてはべたなスポーツものとして展開されていくので安心して楽しめるし、多少の違和感はありつつも、伏線も回収されてラストに向けて盛り上がりもあり、よくできていると思う。

 ただやはり文章がもう一つ。設定の羅列という感じで、小説というよりも台本チック。キャラも台詞も作り物くさくて、上滑りしていく感じがある。

 と難をあげたものの、一発ネタになりそうなアイデアをこうして実現させヒットさせるのはすごい。


 また去年ぐらいにドラッカーを読んでいたとき、『マネジメント』も挑戦したものの、あまり身にならず、ブログでも取り上げなかった。

 上下分冊の『マネジメント』はあまりの文字の細かさ分厚さに期限内に読み終わるわけがないと尻込みし、『エッセンシャル版』は興味深く読めたものの、要点のみ読んでもうまく消化できず、すり抜けていってしまった感があった。

 だから多少強引ではあっても、現実の問題に対して、本をどう解釈して対処していくかというプロセスが見えておもしろい。

 私も「顧客」の定義ってところでいきなりつまずいたんだよな、とか、人の動かし方がうまいな、とか。

 何より一冊の本を読んでそれを実際に生かしていくというところは学ばなければいけないだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/274-0015c7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。