深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤孝治『〈就活〉廃止論』
<就活>廃止論 (PHP新書)<就活>廃止論 (PHP新書)
(2010/01/16)
佐藤 孝治

商品詳細を見る

 だから私は「今の就職活動はここがおかしい」「こんな就職活動なんて意味がない」といった批判や問題提起だけで終わりにしたくない。確かに現在の就職活動には問題点が山ほどあるが、そのプロセスにどう向き合うかによって、その人が社会人として、人間としてどれだけ成長できるかが決まる。就職活動の現状に不平を言うだけでは、その仕組みの意味や問題点をよく知り、その環境を利用して自分自身を高めていく。ちょっと視野を広げてあげれば、そういうことができる学生は実はたくさんいる。社会で活躍できる人というのはそんな人である。私はそういう人を応援したい。

佐藤孝治『〈就活〉廃止論』


 過激なタイトルがふと目に留まり手にとってみた。

 著者は人材系の会社を経営している方で、就職支援や企業の人材募集についての提言などを精力的に行っているよう。

〈廃止〉と銘打ってはいるが、上に引用したように就職活動をしないことを勧めるものではなく、現在の新卒一括採用に疑問を投げかけるもの。
 大学生活の中で「キャリア」というものを意識することがなく、就職活動期直前になって慌てて就職活動を始め、壁にぶち当たり思い悩む。

 ある者はそれを成長の機会にし社会に飛び出して行く。ある者は疲れ果て不満足な結果を受け入れたり、あるいは脱落していく。

 果たしてそれでいいのだろうか。それは誰もが多かれ少なかれ感じているだろう。

 著者はその両者を分けるポイントを、Plan - Do - Check - Action のPDCAサイクルを回して、普段から行動してきたかということに求めている。自らの課題解決方法を培ってきたか、そして成功してきたか。

 優秀な人材が少ないという企業側の愚痴をよく聞くというが、著者は企業に利益を生み出すことのできる「変革人材」は5%はいるとしている。

 選抜方法をドラスティックに変更し、キャリア教育やマッチングプロセスにより時間をかけ、企業、学生双方にとって益となるような社会にしていこうという提言がなされている。


 全体的にいっていることは納得できるものばかりだった。今の「就活」が「新卒一括採用」に問題があるのは間違いない。
 でもどこか息苦しさを感じてしまう。

 それは5%の人材に向けて書かれたもの、その枠を広げるために書かれたものであるということもあるかもしれない。

 一部の人たちはそれで早く目が覚め、スムーズに社会に出て行くだろう。だが隠されていたプロセスが明示的になり、その枠に漏れる多くの人間が現れる……。

 そこに恐怖を覚えるのは取りも直さず、私自身が「変革人材」ではない、こぼれ落ちた人間だということだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/268-c52aa566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。