深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
杉原厚吉『理科系のための英文作法』
理科系のための英文作法―文章をなめらかにつなぐ四つの法則 (中公新書)理科系のための英文作法―文章をなめらかにつなぐ四つの法則 (中公新書)
(1994/11)
杉原 厚吉

商品詳細を見る

 辞書の中の例文を変更して自分の目的に合った文を作る――作ったつもりになる――ことを,私たちはしょっちゅうやる.そういうとき,この手紙と同じように“変な英語”を作ってしまう危険性は非常に高いのである.
 こんなふうに考えながら届いた手紙を眺めていると,自分が英語でものを書くときの姿がいつの間にかそれと重なって見えてきてしまう.“変な日本語”を笑う余裕などまったくない.冷汗がにじみ出るばかりである.
 しかし,こう考えて萎縮してしまったのでは,何も書けなくなる.ここはひとつ開き直るしかない.変な英語になってもしかたない.まずは,意味の通じる文章を書こう.ただし,辞書で意味を確認したからといって,あるいは,世の中に存在している例文を少し変更しただけだからといって,自分の英語に安心してはいけない.“変な英語”を書いてしまう危険な落し穴は,思わぬところにいくらでもあるのだ.

杉原厚吉『理科系のための英文作法』


 こちらも英作文の本で入手しやすく、評判もよい本なので手にとってみた。

 本書は既存の英作文の本が一文単位で正しい英語を書くことに注力していると指摘し、必要なのは文をつなぐ技術なのであるとする。

 そして「談話文法」という言語学の領域で得られた知見を利用し、4つの法則にまとめたもの。
「談話」というと口頭でのやりとりのイメージが強いが、ここでは「書いたり話したりするときの言葉の連続体のこと」を意味するとのことで、内容もどちらかというと硬い感じがある。

 その4つの法則はおおよそ次のようなものである。
文章と文章をつなぐ接続詞や副詞を道標として適切に配置する。
文と文、単語と単語の間の階層関係(近接度)を意識した文章を書く。
古い情報は前へ、新しい情報は後ろへ配置する。
文章の視点をむやみに変更しない。

 特に興味深かったのは、文章の階層構造を意識する必要があるという第3章だった。

「計算機による実験結果は……」という文章はあまりよくなく、「計算機実験の結果は……」のほうがより望ましいという。それは「計算機」と「実験」の結びつきのほうが、「実験」と「結果」の結びつきより強いからということになる。

 言われてみればそうかもしれないが、「実験結果」という言葉に耳慣れてしまっているので、どうしても違和感が抜けない。


 また辞書の例文を少し変えただけだから正しい文章になっていると思うのは間違いだと指摘する部分は耳に痛かった。

 OED などの英英辞典もしっかり見ていかないといけないんだろうなと反省しきり。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/262-77c4c788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。