深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤昌弘『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールスノート』
凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート
(2005/06/23)
佐藤 昌弘

商品詳細を見る

 簡単にまとめます。

1 要望を聞く
2 徹底的にすみずみまで聞く
3 要望を確認する
4 希望に沿う提案をする
5 どうするか聞く

 要はこれだけなんです。

佐藤昌弘
『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールスノート』


 『私はどうして販売外交に成功したか』以来、久々にセールス関係の本を読んでみた。

 どこで見かけたか失念してしまったが、以前どこかで『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』が紹介されていたので読んでみたいと思っていた。

 近隣の図書館で見つけ出かけていったところ、書影が見たのと違う。「トーク」が「ノート」だと今さら気づいたが、そのまま借りてきた。
 こちらはロングセラーになっている「セールストーク」を短く、図解したものらしい。100ページ程度であっさりと読むことができる。

 それはさておき。
 本書は「人は意外と自分のことをわかっていない」という心理学的な人間観に基づきカウンセリング的な方法を使ったセールストークを紹介したもの。

 客が何か具体的なものを求めてやってきたときでも、そのままセールスに入るのではなく、「何かお困りですか?」というように客の抱えている問題を洗い出すことが推奨されている。

 そして客が抱える問題を明確になった時点で、それに対するソリューションを提供する。そうすることで双方が満足のいく商談を成立させようというもの。

 シンプルな内容ではあるが、セールストークが単純なテンプレートに落とし込まれているので覚えやすく、負荷が少なくなっていてよいと思う。

 またここで困っている点、悩んでいる点、不満な点がすぐに出てこない客はまだ問題を明確にできる段階になく、時間をかけてヒアリングする必要はないといった見込み客の判断にすることができるという。その判断も簡便でいい。


 実際にはなかなかテンプレート通りに進行しないと思うけれど、シンプルで覚えやすい手法なので方針が立てやすく、気が楽になるかもしれないなと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/252-3cd40c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。