深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満生文洋『いちばんわかりやすいロードバイクメンテナンス&乗り方ガイド』
いちばんやさしいロードバイクメンテナンス&乗り方完全ガイドいちばんやさしいロードバイクメンテナンス&乗り方完全ガイド
(2008/10/17)
満生文洋

商品詳細を見る

 後方確認を行なう時は、顔だけ後ろに向けるとバイクが右に傾きバランスが崩れがち。これを回避するためには、右手を離すとバイクがブレない。

満生文洋『いちばんわかりやすいロードバイクメンテナンス&乗り方ガイド』


 ここ最近ランニング関連の本を読み、フォームがそれほど大切なら、ということで自転車の乗り方も少し見直そうかと思った。

 本書は文字通り、実際にロードバイクを購入した人に向けて、その乗り方とメンテナンス方法を解説したもの。

 著者は東京でスポーツバイクがメインの自転車店を運営している方らしい。
 第1章では「ライディング」とし、基本的なフォームや各走行場面での注意事項などが解説され、第2章では「メンテナンス」としてディレイラーの調整やワイヤーの交換などのやや高度な事項が解説されている。

 そして最後に「ライトチューンナップ」として、自転車の各パーツを交換していく際にポイントとなる部分が紹介されている。


 全体的にカラーの大きな写真が多くわかりやすいし、視覚的にも楽しめる。

 フォームについては、腰が反らないように骨盤を立てるとよく聞くけれども、肩甲骨は寄せずに開くというのは今まであまり意識したことなかった。ひじとひざももっと締めるようにしようと思う。

 ランニングと一緒で体幹を使うのが大事なのだと思うけれど、骨盤を立てるというのはもうひとつわかりにくい気がする。まだ言葉があまりこなれていないのかも。

 なかなか集団で走ることはないので、合図を使うことはあまりないけれど、まとまっていたのでメモしておこうと思う。

  • 右折・右進路変更 右手を水平に伸ばす
  • 左折・左進路変更 左手を水平に伸ばす
  • 停止 右手を腰に当て手のひらを広げる
  • 減速 右手を体の脇に移し、手のひらを地面に向け上下させる
  • 障害物 障害物を指さし後続車に見えるようにする
  • 歩行者あり 左手を後ろに伸ばして手のひらを左右に動かす

 メンテナンスに関しては、注油や洗車といった部分はあっさりと済ませてしまい、本格的な調整や交換作業に入ってしまうため、私にとってはややオーバースペックな気がした。

 自分自身でここまでいじれたらいいなとは思うけれど、まだまだライトな乗り手である私が知りたいと思うところとは違うなという印象。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/246-7fb2c345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。