深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤井貞和『古典の読み方』
古典の読み方 (講談社学術文庫)古典の読み方 (講談社学術文庫)
(1998/02)
藤井 貞和

商品詳細を見る

 この七百十二という和を、多いと感ずるか、案外少ないと感ずるか、個人の自由ながら、ともあれ『源氏物語』も一、『逢坂越えぬ権中納言』(『堤中納言物語』の一つ)も一とかぞえての総数である。われわれは古典文学を読むのに、ややもすると『源氏物語』など日の当たる作品ばかりを読もうとする。すぐれた作品だから多くの読者がつくので、『源氏物語』が大いに読まれることに何ら異存はない。何ら異存はないものの、『源氏物語』といえでも知られている七百余りの物語文学の一つであることは知っておいてほしい。七百のうち四割ほど不完全であったり、名前だけ知られたりしているいわゆる散佚物語(失われた物語)である。それでも四百余りの作品は、今日、読もうと思えば読むことができる。そうした作品の数のなかから、選りすぐったものとしてわれわれは『源氏物語』なら『源氏物語』を読むのだ、ということを基本としておさえておきた。
 何を読むかということは、個人の精神の自由と同じほどまったく自由の領域に属することだとしても、ただ漠然と、何でも読んでもよい、という自由ではない。何でもよいから手当たり次第に読む、というのは放恣であって、自由ではなかろう。秩序のない乱読は乱雑な文化人を作りだすだけである。(『古典の読み方』P.43-44)。

藤井貞和『古典の読み方』


 山村修さんの『〈狐〉が選んだ入門書』で紹介されていた一冊。口で言っているだけだけれど、古典も読んでいきたいと思うので読んでみた。

 本書は国文学者として源氏物語などの研究をされながら、詩人としても活動されている著者が古典を読むことについて語っていく。

 以前著者が出された『古典を読む本』という本を文庫化に際し、発表済みの論文を増補したりして編集したもの。
 趣味としてただ楽しいから読むのでもなく、はたまた求道書として古典を祭り上げ内容の理解を疎かにするのでもない。時には苦しくても、書かれていることを読み取り、現代につなげていく。そんな読み方が紹介されている。

 なるほど、確かにこれは単なる手引書ではない。古典を読み進める上で必要になることはもちろん語られているが、古典を読むとはどういうことか、ということを自覚的に問いかけていく印象が強い。その点では、山村さんが気に入ったのも頷ける。

 最終章の研究と教材の章などはいくらかぶっきらぼうにも見える口調で、当時の古典研究や学校教育を批判しており、かなり挑戦的な内容になっていておもしろい。

 素人の読者である私などは、原文で読むことに憧れがあり注釈の入ったものを手にとらざるを得ないのを情けなく思ってしまう。

 だが、古典の「正しいテクスト」が存在するかというのは難しい問題であり、注釈書にはこれまでの研究内容が含まれており、それを利用すればいいのだというのは目から鱗が落ちる思いだった。

 また助動詞や助詞、敬語は古典を読み進めていくよすがとなるものであること、当時のタブー意識などを理解しないと、何がどうしてうやむやに語られているのかがわからないことなどを指摘し、知識はあるにこしたことがないということが語られている。

 その後は「物語を読む」「和歌を読む」と各論といった感じで、いくつかの作品を取り上げながら、注意して読むべき点を紹介している。

 豊富な知識を背景に『竹取物語』や『落窪物語』『源氏物語』を分析的に理解していくさまは興味深く、物語を読み解くというのはこういうことなんだなあと思わされる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/233-1b77bf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。