深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村松恒平『プロ編集者による文章上達<秘伝>スクール』
秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール (1)秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール (1)
(2005/04)
村松 恒平

商品詳細を見る

書くことにシステムを求めるっていうこと事態がちょっと違うって言い続けてるのは、そういうことなんだよね。
もともと世の中のシステムにうまく嵌れないっていう悲しみが文章になるはずなのに、そこにまたシステムを求めて「お前、何する気や?」と。
もっと、その人が一番孤独になれる場所を探してるはずなのに。自分のオリジナリティはこれなんだ! っていうのを。

村松恒平『プロ編集者による文章上達<秘伝>スクール』


 ここ最近、書評家〈狐〉こと山村修さんの著作をいくつか読んで、少し懐かしい気分になり、文章読本系の本が読みたくなった。そこで以前、知人が薦めていたこちらの本を手にとった。

 文章術の類いは好きで、よく読んできた。本当は、この本に書かれているように、何冊も渉猟して結果的に自分に響くところだけ取り入れる結果になってしまうよりも、一冊に本腰入れて取り組んだほうがいいのだろうけど。

 本書は編集者をしていたという著者が、文章に関する、読者からの質問メールに答えるというメールマガジンをまとめて一冊の本にしたもの。
 文章に関する本としてはとてもおすすめ。何といっても表現しようとする人の気持ちを自然なものとし、モティベーションを損なうことがない。

 表現の道は厳しいからと、きつい言葉で語るものも中にはあってそれも一つの見識だと思うけれど、そんなにタフな人ばかりではないと思うので。

 文章技術全般を扱っているとはいっても、読者の質問に案内されるため、フィクションや商業出版の話題が多くなっている。

 業界人ということで、編集者が作家たちに対してどう思っているか、投稿・持込原稿の扱われ方、編集者の仕事内容などがわかり興味深い。本格的にデビューを目指す人は参考になることも多いと思う。


 メールという媒体が気安いためか、そんなこと訊くなんてという質問もあるのに、著者はそれに怒ることもなくまじめに答えていく。言葉足らずな質問があっても、相手も気づいてない部分まで読み取って答えていく。これで無償だというから頭が下がる。

 しかし著者は初めから一冊の本にまとめることを念頭においてメルマガをスタートさせたという。現にこうやって単行本の形になっている、その企画の立て方運び方はさすが思う。そこを見習うべきかもしれない。


 著者はライター・編集者として必ずしも文芸方面に特化した経歴を持っているわけではないけれど、文章表現について語っているところはわかりやすく納得できるところが多い。

『遅読のすすめ』のあとがきで山村さんは作者書くことに費やす時間とそれを読者が味わう時間の非対称さを語っていたが、この本を読んでいると、書くこと表現することに意識的であることはただ読んでいるだけよりも多くのことを得られるのかもしれないと感じる。

 それは私が不注意な読者であるということなんだろうけれど。


 上に引用した書くことへシステムを求めるのは矛盾ではないかという指摘は耳が痛かった。


 私は図書館で旧版版を借りたのだけれど、旧版は500ページと分厚いのに縦がB5判、横が文庫サイズと細長いイレギュラーな形で非常に読みにくいのが難点。

 リンク先の増補改訂新装版版は、ページ数が減っており、通常サイズで組み直されていると思われるので、こちらをおすすめします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/231-e68a7706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。