深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
(2001/07)
クレイトン・クリステンセン玉田 俊平太

商品詳細を見る

 持続的イノベーションと破壊的イノベーションに直面した企業の成功と失敗のパターンは、すぐれた管理決定の当然の結果である。だからこそ、破壊的技術はイノベーターをこのようなジレンマに陥れる。いっそうの努力をすること、鋭敏であること、積極的に投資すること、顧客の意見に慎重に耳を傾けることは、新しい持続的術によって生じる問題を解決するには有効である。しかし、これらの安定経営のパラダイムは、破壊的技術を扱うには役に立たない。それどころか、逆効果であることが多いのだ。

クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』


 少し前にいろんなところで言及されていたので、読んでみたいなと思っていて、遅まきながら読んでみることにした。

 本書は、かつての優良企業が失速し、業界内での地位を落としてしまうのは何故かという問題に答えようとするもの。

 訳者によると1997年に発売されてから、日本語版が出る2000年に至るまでベストセラーランキングに載っていたというからすごい。
 この問いに答えるために著者は、変遷の早いハードディスク業界に目をつけ、そのサイクルから要因を洗い出していく。

 そこから明らかになったのは、失敗した企業がリーダーとしての地位に慢心していたのでもなく、経営陣が無能だからでもないということだった。

 むしろ顧客の要望に応えようという積極的な経営、合理的な判断が失敗を生む要因にもなっているという。

 業界内で成功している企業は、既存の技術を向上させる「持続的イノベーション」戦略を採りやすく、実際にその選択には合理性がある。

 それに対し既存の技術に対して性能の劣る「破壊的技術」が現れる。この技術は市場が小さく、ユーザーのニーズを満たすこともできない。不確実性が高く、採算性も悪いため、この技術に投資する選択は行いにくい。

 しかしこの技術が向上し、ユーザーのニーズを満たすことができるようになると、価格や省スペース性などといった別の基準で製品が選択されるようになる。

 こうして一気に破壊的技術への代替が生じる。この技術は先行者に追随するのが難しいことから、市場のリーダーを交代させることを可能にする。


 確かに評判通りに刺激的でおもしろい本だったけれども、中身は決して読みやすいものではなかった。

 図表をつかったデータの分析なども多く、その図を理解するのも結構大変で、論文を読んでいるような気分になった。翻訳がもう少しやわらかいといありがたいのだけれど。

 しかし豊富なデータに基づいて仮説を検証していく展開には説得力がある。また章末にはまとめがついたりしていて、理解を助けてくれる。

 この問題を解決するのに適切な着眼点と膨大なデータを丹念に分析していく手法はやっぱりすごいなと思った。


 高品質・高利益率を求めて競争していくうちに顧客が求める水準をはるかに越えてしまい、必要十分な技術を備えた下位の技術に取って代わられてしまうというのは示唆的でおもしろかった。

 また破壊的な技術への対応も、一つの組織で行おうとするのではなく、完全に独立したプロジェクトチームや子会社などを作ったほうがうまくいきやすいというのも興味深い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/195-4d7eee51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。