深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円地文子訳『源氏物語 巻一』
源氏物語 1 (1) (新潮文庫 え 2-16)源氏物語 1 (1) (新潮文庫 え 2-16)
(2008/08)
紫式部

商品詳細を見る

 昨日まで、いや、つい今の今し方まであの世の光る君のことを心に偲びつづけてい、そのままお便りのないのを、摘み捨てられた野草の花のように恨めしく、わが身をわびしく情けなく思っていたのであったのに、こうしてひたぶるに恋心を訴えて、弟を仲立ちに文を通わせ、又の逢瀬を契ろうと語らいかけられてみると、女はおし迫ってくる男君のわりない情念が恐ろしく、身を守り門を閉ざす姿勢になるのである。あの若く美しく尊い生れの眩しい人に、かりそめにも恋された喜びに自分はどうしてわれを忘れて酔い痴れられないのか。
 それはただ、伊予の介を恐れたり、世間の聞えを怖じたりするためばかりであろうか。いえそうではない。それだけだったら、自分があんまりみじめでやりきれないだろう。あのことのない前であったら、私は、ただそれだけのことでも自分を守る盾にしてその陰に必死に身を隠したかもしれない。でも今の私はあの方を知ってしまった。この世には、このようにも美しく、あでやかに、匂いみち、光り満ち、時に明らかな憎悪や苦痛を伴う激しい闘争さえも、管弦の奏楽の高潮した時のような快い恍惚と麻痺のうちに、冷たい花びらの渦の中に眩暈し、やがて底もなく静まりかえる喜びにいつしか置き替えられる不思議さがあろうとは、あの世まで誰が思いもうけただろうか。
 私は、私にあのような花渦の中の眩暈をみせて下さったあの方を明らかに恋しはじめている……恋しているからこそ、あの方のおっしゃるようにやすやすと振舞えないのではないか。

円地文子訳『源氏物語 巻一』


 今年は古典に挑戦したいなあという目標をかかげながら、もう師走も終わり。一方で、今年は源氏物語1000年紀ということで各所で源氏物語の特集を目にすることも多かった。

 なかでも「あさきゆめみし」のアニメ化というニュースには期待がふくらんだ。結局「あさきゆめみし」自体のアニメ化は沙汰やみになったものの、とにもかくにも流行に後れまいと積読になっていた円地源氏を読み始めることにした。
 源氏物語の現代語訳は以前、青空文庫で与謝野訳に挑戦したことがあったが、与謝野訳は研究や資料が少ない時代の翻訳であることや媒体がネットということもあってか、すぐに投げ出してしまった。

 円地訳を選んだのは比較的入手しやすいということと、訳者に源氏物語関連の書籍が多いことから。私は割高な古書で買ったけれど、最近復刊されたようでより入手しやすくなったよう。ただし5分冊が6分冊になっているため、収録範囲は変わっているかもしれません。

 この第一巻には「桐壺」から「花散里」までの11帖が収められている。やはり現代語訳といっても誰への言及なのか混乱する部分も多いが、想像した以上に楽しい。

 何といっても光源氏の行動が無茶苦茶だ。人妻には平気で手を出すし見境がない。紫上を引き取るくだりは周囲の人間にも引かれる始末で、ほとんど誘拐みたいに連れてきてしまうのには笑ってしまう。

 しかしやはり今読んでも共感できるのは、全てを持ち合わせたように描かれる光源氏でさえ、恋にはままならず、多くの別れが描かれている点。

 次の恋が描かれるわけではない女性たちの姿は特に悲しい。その中でも空蝉のエピソードはとても好きだった。

 身分と人妻という立場からかたくなに光源氏をかたくなに拒みながら、思い乱れる様子は切なくもどかしい。女が衣だけ残していって思いがつのるというのも、ため息が出るほどうまいなと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/169-b4e809c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。