深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木村剛『投資戦略の発想法』
投資戦略の発想法〈2008〉投資戦略の発想法〈2008〉
(2007/12)
木村 剛

商品詳細を見る

 投資戦略は小手先の技術ではありません。
 長期的に継続して実行する骨太のポリシーでなければならないのです。
 素人が小手先の投資技術にいくら精通したところで、投資には決して成功しません。格付けがどうだとか、一株当たりの利益がどうだとか、はたまた株価チャートの型が絶好の買い場を示しているとか、冴えない株式評論家の言うことを一生懸命真似したところで、財安を形成する事に何ら役立たないのです。
 たしかに投資を実践する際には、多くの金融知識が必要です。知識はあればあるほどよいかもしれません。マネー雑誌や株式必勝本には「知識」があふれていて、、ゲップが出そうなほどいろんなことが書いてあります。しかし、そこには重要な何かが欠けている。骨太の何かが欠落しているのです。

 それは、「将来の危機管理」という視点です。
 いま世の中にあふれている小手先の投資技術論には、「将来の危機管理」という視点がすっぽりと抜け落ちているのです。個人投資家にとって最も重要な危機管理という部分が語られていない。わたしはそこに大きな危惧を感じます。木村剛『投資戦略の発想法』


 改訂版が出たせいなのかよくわからないけれど、旧版を安く見かけるようになったので読んでみることにした。

 最近の株価の急激な下落で証券会社への口座開設申込も増えていると聞く。かくいう私も証券会社のページを眺めたりしていた。

 本書は自分と家族を守るという視点から、投資活動全般や個人の財産形成にについて解説した入門書。
 しかし株で一攫千金という現金な動機で読み始めた読者はいきなり冷や水を浴びせられる。昨今の「株ブーム」には、将来の危機管理という視点が抜けているのではないかと。

 わずかな蓄えしかないのに、マネーゲームに熱を上げていると、何か不慮の事態が発生したときに対応することができず、生活が破綻しかねない。

 自らの収入と支出を見直し、借金を清算する。そしてまずは収入が途絶えたときに備えて生活費の二年分をまず貯蓄する。

 それができたとしても、まず自己投資こそ最大の投資であって、仕事で稼ぎを上げれるようになることが最重要だとする。

 そうした上で、国債、国内株式、外貨預金の三分割ポートフォリオで運用をスタートしていくことが奨められている。

 非常に現実的だけれど正論だなと思う。すぐに儲けたいと焦っている人には向かないが、一度冷静になって考え直すよすがになるかもしれない。

 個人投資家にとっては生活を守ることが第一という主張は納得できる。とりあえず貯蓄しないとね、という気にはなった。

 改訂版でどこが変わっているか今度確認してみたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/162-9b7e24a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。