深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーター・ドラッカー『ネクスト・ソサエティ』
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまるネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
(2002/05/24)
P・F・ドラッカー

商品詳細を見る

 変化を観察することである。しかもあらゆる世界を見ていくことである。そして、それらの変化が本物の変化か、一時の変化か、自分たちにとってチャンスかどうかを考えていくことである。見分け方は簡単である。本物の変化とは人が行うことであり、一時の変化は人が言うことである。話にばかり出てくるものは一時のものである。
(中略)
 個々の事業にとっては、ほとんどの変化が意味がない。よその事業にとっては意味があっても、いまの自分たちには意味がないということはよくある。それらの変化は自分たちの市場を変えず、顧客を変えず、技術を変えない。話題にできるわけだ。ほとんどの変化は関係がない。しかし、それらの変化についてもマークしておく。他の人に読んでおいてもらう。話し合う。覚えておく。五年後何かに取り組んでいるとき、その情報が役に立つことがある。あらゆるものを見ておくことが大切である。

ピーター・ドラッカー『ネクスト・ソサエティ』


『イノベーションと企業家精神』に続いてドラッカー3作目。ドラッカーの最晩年の作品になるらしい。

 本書は文字通り、現代社会が大きな変化に直面しているとし、その社会がどのようなものかを理解し、それに対処しようというものである。

 その変化というとIT革命がまず思い浮かぶけれども、著者が第一に挙げるのが少子化による人口構造の変化だという。これにより移民の確保の必要性や、フルタイムではなくより自由な雇用形態での高齢者の就業が増えるという。

 そして単純労働の雇用を提供する製造業の地位が低下し、大学で学んだ専門的知識を利用して働く「知識型労働者」が社会の中心を占めるようになるとする。
 この新しい社会を予測することは著者にもできないとする。しかしこの変化に順応できない社会は成功しないという。

 だから変化を見据え、変化をつくりだす中心、チェンジ・エージェントであれと著者は説く。

 日本についても多くのページが割かれていて、平成不況も経済ではなく社会の維持を優先した結果なんだという指摘はなるほどなと思った。

 著者は日本のことを高く評価していたようだけれど、社会の維持に必死になって、結局日本はここで描かれているような代替的なコミュニティの創出には失敗しているんじゃないかなと思う。


 それにしても訪れる変化に怯えるのではなく、その本質を捉えて悪いものとして描かれないところがすごいなと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/130-350f14d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。