深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本の挑戦」
 鶴蒔靖夫著『日本の挑戦』という本を読んでいる。日本の金融資産は預金に偏っていて有効活用されていない。最近ではオプション取引なども使えるようになって、ローリスクでハイリターンも狙える。国債償還のためにインフレになるかもしれないから、預金だって安全じゃない。投資マインドを養って豊かな人生を、という話。

 そこから先物取引の説明をしたあと、なぜかある先物会社の紹介になっていく。その会社の人間とシステムを褒める紹介文が続くので、個人的に辟易、挫折しそう……。

 アマゾンで調べてみると、著者はいろいろな分野で新しいビジネスに挑戦している人を取材して紹介する本を書くライターさんのようで、そういうものなのだと納得。



 そもそもこの本は母親がどこからかもらってきたもので、販促用に使われているのかなと思います。会社の良し悪しはわかりませんが、投資マインドを養わないといけない人に先物を勧めるところやローリスク・ハイリターンをうたうところに納得がいきません。


 しかし日本の個人金融資と産が世界で2位で、そこに活路を見出そうというのはわかるけれど、それは偏在してるわけで、資産を持たない人はどうするんだろう。とにかくこのへんは知識不足、もっと勉強しないとだめですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/12-20725324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。