深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャック・ウェルチ『ジャック・ウェルチ わが経営』
ジャック・ウェルチ わが経営(上) (日経ビジネス人文庫)ジャック・ウェルチ わが経営(上) (日経ビジネス人文庫)
(2005/04/29)
ジャック・ウェルチジョン・A・バーン

商品詳細を見る

ジャック・ウェルチ わが経営(下) (日経ビジネス人文庫)ジャック・ウェルチ わが経営(下) (日経ビジネス人文庫)
(2005/04/29)
ジャック・ウェルチジョン・A・バーン

商品詳細を見る

 傲慢な態度が組織を殺す。あからさまに野心を遂げようとする姿勢も同じ結果をもたらす。傲慢さと自信のあいだには明確な一戦がある。本物の自信だけが仕事の成功を約束する。自信があるかどうかは、何ごとにもオープンな姿勢を保っているかどうか――変化を積極的に受け入れ、新しいアイデアをその出所にこだわらずに取り入れる――で判定できる。自信にあふれた人たちは自分の考え方に批判や反論が向けられることを恐れない。アイデアをゆたかにしてくれるような知的論争に喜んで加わる。組織のオープンな雰囲気や学習する能力を生み出すのに決定的な役割を果たす。どのようにして自信にあふれた人たちを探り当てればよいのか。自信のある人とは自分を飾らないでいられる人だ――あるがままの自分が気に入っており、そのあるがままの姿をさらけ出すことを恐れない人だ。

ジャック・ウェルチ『ジャック・ウェルチわが経営 下』


『巨象も踊る』に続いて、こちらもビジネス界の大物の有名な自伝。

 前者が尻上がりにおもしろくなる作品なら、こちらは最初から飛ばしていて読みやすく楽しめる。

 GE社の会長としてウェルチは今ではよく知られるようになっているような経営手法を導入し、巨大企業複合体である同社を高収益体制に変えていく。

 幼年期の著者に多くの影響を与えた母親の教え、プラスチックの技術者としてのスタート、社内の官僚体質との衝突から始まり、GEを去るまでが描かれている。
 とにかく冒頭から著者の性格が存分に出ていて、その強烈な性格ははっきりと好き嫌いがわかれると思う。とはいえ私生活から駆け出しの頃の失敗談まで、赤裸々な著者の語りは素直に楽しめる。

 著者が採用したのは世界でナンバーワン、ナンバーツーになれない事業には取り組まない、創造力にあふれ情熱を持って仕事に取り組む人材を集め、そのための組織づくりを進めるということだった。

 ルイス・ガースナーとはまた違った感じのする人物だけれど、企業文化を重視するところ、大企業だとしてもスピードを大切にしているところそして何より情熱を第一におくところは共通していて興味深かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deepseafishtank.blog123.fc2.com/tb.php/110-a814f3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。