深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edith Nesbit『Five Children and It』

And they went home - very late for tea and unspeakably late for dinner. Martha scolded, of course. But the Lamb was safe.

'I say - it turned out we wanted the Lamb as much as anyone,' said Robert, later.
'Of course.'

'But do you feel different about it now the sun's set?'

'No,' said all the others together.
'Then it's lasted over sunset with us.”
“No, it hasn't,' Cyril explained. 'The wish didn't do anything to US. We always wanted him with all our hearts when we were our proper selves, only we were all pigs this morning; especially you,
Robert.' Robert bore this much with a strange calm.
'I certainly THOUGHT I didn't want him this morning,' said he. 'Perhaps I was a pig. But everything looked so different when we thought we were going to lose him.”

(拙訳)それから子どもたちは家に帰りました――お茶の時間には遅すぎましたし、食事にはお話にならないぐらい遅い時間でしたが。マーサはもちろん怒りました。でもラムは無事だったのです。
「だからさ、僕たちは誰よりもラムのこと必要だったってことだよ」ロバートは後になっていいました。
「もちろんだよ」
「でも、もう日が沈んじゃったから、気が変わっちゃったんじゃない?」
「そんなことないよ」他のみんなが一斉にいいました。
「じゃあ願いごとのききめが続いてるんだ」
「違うよ」シリルは説明しました。「願いごとは僕たちには何にもしてないのさ。僕たちがちゃんとしているときは、いつだってラムを心から必要としてるんだ。今朝は僕たち豚にでもなってたのさ。特に君だよ、ロバート」
 ロバートはしばらくじっとこの言葉をかみしめていました。
「ラムなんていらないって朝はたしかに思ったんだよ」彼は言いました。「きっとほんとに豚になってたのさ。でもいなくなっちゃうと思ったらすべてが丸っきり違って見えたんだ」

Edith Nesbit『Five Children and It』


 その昔、英文の多読を試していたときに、図書館で『Railway Children』の retold物を読んだことがある。話の筋まではっきりと覚えているわけではないが、ぬっと迫ってくる機関車の迫力のある場面が鮮やかに心に残っている。

 ここ最近『秘密の花園』を皮切りにバーネット夫人の作品を読んできて同じ作者つながりで読んでみようと思ったのだが、夫人の名前で探しても目当ての作品は見つからない。。わかってみれば何のことはない、作者はバーネット夫人ではなくイーディス・ネズビットだったのだ。

 そんなわけで、とんだ勘違いだったわけだけれど、とにもかくにもネズビットの代表作と思われる『砂の妖精』の原文をダウンロードして読んでみることにした。
[Edith Nesbit『Five Children and It』]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。