深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
谷山由紀『コンビネーション』
コンビネーション (ソノラマ文庫)コンビネーション (ソノラマ文庫)
谷山 由紀,まる 伝次郎

朝日ソノラマ
売り上げランキング : 616711

Amazonで詳しく見る

コンビネーションコンビネーション
谷山 由紀

アドレナライズ
売り上げランキング : 26899

Amazonで詳しく見る

 終了を待ちかねたように、雨は本格的な降りとなった。セカンドベースをわざわざ踏んでからベンチへ引き揚げる名倉を、青年は目で追いつづける。その横顔からはうかがいしれない内面を、男は見透かしように言う。
「うらやましいですかな。あなたも彼と同じ道を選んでいたら、あそこに立っていたかもしれない」
「いいえ」
 青年はきっぱりと否定した。
「ぼくは選ばなかった。機会はいくらでもあった、けど悟ったような顔をしてあきらめてました。気取ってたんですよ、ガムシャラなんてみっともないって。ダメだったらカッコ悪いって」
「後悔してますか」
「いいえ。何度やってもぼくは同じ選択を繰り返したはずです」
 男は大きくうなずいた。

天夢航海』『こんなに緑の森の中』の谷山由紀は、プロ野球にも数知れないドラマがあふれていることを思いもよらない方法で描いて見せた。

[谷山由紀『コンビネーション』]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。