深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Frances Hodgson Burnett『Little Lord Fauntleroy』
Little Lord Fauntleroy (Dover Children's Evergreen Classics)Little Lord Fauntleroy (Dover Children's Evergreen Classics)
Frances Hodgson Burnett,Children's Classics

Dover Publications
売り上げランキング : 40126

Amazonで詳しく見る

小公子 (岩波少年文庫)小公子 (岩波少年文庫)
フランシス・ホジソン・バーネット,小西 英子,脇 明子

岩波書店
売り上げランキング : 152571

Amazonで詳しく見る

“I know that," said Fauntleroy, "and that's what makes me wonder. She told me not to ask you any questions, and—and I won't, but sometimes I can't help thinking, you know, and it makes me all puzzled. But I'm not going to ask any questions. And when I miss her very much, I go and look out of my window to where I see her light shine for me every night through an open place in the trees. It is a long way off, but she puts it in her window as soon as it is dark, and I can see it twinkle far away, and I know what it says."

"What does it say?" asked my lord.

"It says, 'Good-night, God keep you all the night!'—just what she used to say when we were together. Every night she used to say that to me, and every morning she said, 'God bless you all the day!' So you see I am quite safe all the time——”

(拙訳)「わかってます」フォントルロイは言った。「それがふしぎなんです。おかあさんはなにもきいてはいけないといったから――だからききません。でもときどきかんがえちゃうんです、だってすごくむずかしいことなんですから。でもぼくはなにもききません。おかあさんにとてもあいたくなると、ぼくはまどのそとをみるんです。おかあさんは木のあいだからぼくにみえるように、まいばんあかりをつけてくれるんです。とてもとおいけど、くらくなるとすぐにおかあさんは火をつけてくれて、とおくでそれがきらきらひかるのがみえて、おかあさんのこえがきこえるんです」

「何て言っているのかね?」伯爵はたずねた。

「こういっているんです。『おやすみ、眠っているあいだ神様があなたを守ってくれますように』って。ぼくたちがいっしょにいたとき、おかあさんはいつもそういってくれたんです。まいばんぼくにそういってくれて、それからあさおきると『今日一日あなたに神様の祝福がありますように』っていってくれたんです。だからぼくはどんなときもあんしんしていられたんです――」

Frances Hodgson Burnett『Little Lord Fauntleroy』


秘密の花園』『小公女』と英語で読んできたので、同じくバーネット夫人の『小公子』も読んでしまおうということで、iBooks でダウンロードして読んでみた。

 バーネット夫人はイギリスで生まれた後アメリカに移住したらしく、この『小公子』もアメリカとイギリスの二国を舞台に大きく展開する。書かれた時期としては、前の二作より古く、出世作となった作品らしい。

 ちなみに『小公女セーラ』と同じく、こちらも『小公子セディ』というタイトルで世界名作劇場枠でアニメ化されているらしい。
[Frances Hodgson Burnett『Little Lord Fauntleroy』]の続きを読む
スポンサーサイト
リザ・テツナー『黒い兄弟』
黒い兄弟〈上〉黒い兄弟〈上〉
リザ テツナー,Lisa Tetzner,酒寄 進一

あすなろ書房
売り上げランキング : 228234

Amazonで詳しく見る

黒い兄弟〈下〉黒い兄弟〈下〉
リザ テツナー,Lisa Tetzner,酒寄 進一

あすなろ書房
売り上げランキング : 259440

Amazonで詳しく見る

 ジョルジョは涙ぐんでいいました。「おばあさん、ぼく、いきたくないよ。怖いんだ。もう二度とソノーニョに帰ってこられないような気がする」
「おまえ、いくつになったんだい、ジョルジョ?」
「十三だよ」
「あたしが十三のときには、もう一年間もロカルノで奉公をしていたよ。とってもつらかったけどね。十三の男の子が、十二の女の子より弱虫なのかい? はずかしいね」
 ジョルジョは本当にはずかしいと思いました。そして、両手で涙をぬぐっていいました。
「もうだいじょうぶだよ、おばあさん」
「そうだよ、だいじょうぶにきまってるよ。怖いのだって、痛いのだって、すぎてしまえば、どうってことないさ」
 おばあさんはもう一度ジョルジョを見つめていいました。「さあ、おやすみ。明日は遠くまでいくんだからね」

リザ・テツナー『黒い兄弟(上)』


 この『黒い兄弟』は、今は出版事業から完全に撤退してしまったベネッセの前身、福武書店から出版されていたものです。福武文庫版を上下巻のうち片方ばかりしか置いてないのをブックオフなどでよく見かけるので気になりつつも、長い間手にとらないでいました。

 ところが、ひょんなことからそれがアニメ「ロミオの青い空」の原作であることを知りました。「ロミオの青い空」といえば、世界名作劇場シリーズで放映されていたもの。一応見ていたはずなのだが、煙突掃除の少年の話ということ以外はすっかり失念しています。

 ただ暗い煙突の中を光る空へとかけのぼっていくアニメーションと「街並 みおろすのさ 一番高い場所で」という煙突掃除の少年の心を切り取った歌詞のオープニングは忘れることができません。
[リザ・テツナー『黒い兄弟』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。