深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片田敏孝『人が死なない防災』
人が死なない防災 (集英社新書)人が死なない防災 (集英社新書)
片田 敏孝

集英社
売り上げランキング : 80083

Amazonで詳しく見る

 東日本大震災も、まさしく、そのような状況の中で起こったわけです。
 大きな防潮堤ができたことによって、田老では逃げなかった住民がいた。釜石でも、ここは安心できる地だと思った住民がいた。そして逃げなかった。そこに、想定を超える津波が来たのです。そして何が起こったかは、皆さんがご存知のとおりです。膨大な人命が失われてしまいました。
 私が言いたいのは、こういうことです。
 田老や釜石など東日本大震災で被災した地域は、「想定外」だったから被害を受けたわけではありません。また、「想定が甘かった」わけでもありません。そうではなくて、「想定にとらわれすぎた」のです。
 東日本大震災によって顕在化したのは、防災というものがはらむ裏側の問題です。それは、防災が進むことによって、社会と人間の脆弱性が増し、住民を「災害過保護」ともいうべき状態にしてしまうという問題にほかなりません。

片田敏孝『人が死なない防災』


 東日本大震災で津波に襲われた岩手県釜石市。釜石市の小学校、中学校は沿岸にあったものの、生徒たちは率先して避難し、ほぼ全員が津波の難を逃れたという。このことは「釜石の奇跡」として称えられた。

 その背景には、震災の8年前から取り組まれていた防災教育がある。著者はその必要性を説き、実際に講師として足繁く釜石に通い、児童の指導に当たった。

 先日、NHKラジオの文化講演会で「想定外を生き抜く力~釜石市津波防災教育に学ぶ~」というテーマで話されているのを聴き、興味を持ってこの本を読んでみることにした。
[片田敏孝『人が死なない防災』]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。