深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹『遠い太鼓』
遠い太鼓 (講談社文庫)遠い太鼓 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社
売り上げランキング : 6844

Amazonで詳しく見る

 それから犬がいる。椅子の足もとで、二匹の茶色い犬がごろんと横になったまま身動きひとつしない。生きているのか死んでいるのか、まったくみわけがつかない。これはスペッチェス島に限らず、全ギリシャで日常的に見受けられる現象である。僕はこれを「死に犬現象」と呼んでいるのだが、とにかくギリシャの犬は暑い午後にはみんなこんな風に、ぐったりと石のごとく眠るのである。もう本当に文字どおり、びくりとも動かない。息すらしていない。(ように見える)。ギリシャ人にとってさえこのような「横たわり犬」の生死のほどを見分けるのは至難のわざであるらしく、何人かのギリシャ人が横たわり犬のまわりを取り囲んで、犬が生きているか死んでいるかについて額に皺をよせて真剣に討論している光景を何度か見掛けた。棒か何かでつついてみればすぐにわかると思うのだけれど犬を起こすのが可哀そうだと思うのか、それとも噛みつかれるのが怖いのか、そういうことをする人はいない。ただじっと見て、これは生きてるだの、いや死んでいるだのと言い合っているだけである。犬も暇だけれど、人間の方も相当に暇である。

村上春樹『遠い太鼓』


「英語で読む村上春樹」の前から、NHKラジオでは村上春樹の特集を組んで相当に力を入れていた。去年の正月には、「かえる君、東京を救う」他の短編の朗読があり、今年の春には「遠い太鼓」のギリシャに関する部分の朗読番組が放送されていた。

「かえる君、東京を救う」は、今年の後半英語で読むことになっているので後回しにして、今回は録音しておいた「遠い太鼓」の朗読を聴いてみることにした。

 このエッセイは、1986年から約3年間、ローマ・ギリシャを中心にヨーロッパへ長期滞在していたときの旅行記。この間、「ノルウェイの森」と「ダンス・ダンス・ダンス」を書き上げたとのことで、そのときの事情がわかる。
[村上春樹『遠い太鼓』]の続きを読む
スポンサーサイト
山崎元『お金の教室』
お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」 ( )お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」 ( )
山崎 元

NHK出版
売り上げランキング : 95124

Amazonで詳しく見る

「その通りだ。重要なのは『過去の実績』と『現在の予想』の対比ではなく、『古い予想』と『新しい予想』のギャップだ。株価はいろいろな要因で動くけれども、大まかには半分くらいがこの予想の変化で説明できると考えておこう」

――ということは、新しく会社が発表した予想と、『会社四季報』や『会社情報』に載っているこれまでの業績予想との差を見るということですか?

「そうだ。さすがAが可愛がっている後輩だけのことはあるな。ともかく、予想の変化を見る。たとえば、来年三月期の予想利益が、これまでいくらと発表されていたのが、今回の発表でどう修正されたか。その予想利益の変化に対して、株価がどう変化しているかをよく見ることだ。これをたくさん見ないことには株式投資は理解できない。これこそが、日々努力すべきポイントだよ」

山崎元『お金の教室』


 日経平均株価は一年で倍近くまで上昇、回復した。運用する余裕資金もないので、私は傍から指をくわえて、気楽に眺めているだけだけれど。相場はまた乱高下を繰り返す不安定な動きを見せているものの、波に乗った人も多いと思う。

 参入するしないはともかく、巷で話題になることも多くなってきたことから、何かわかりやすい本でも読んで記憶を温めておこうと思った。

 そんなときに目に付いたのが、その名もずばりの本書『お金の教室』で、評判もよさそうだったので読んでみることにした。著者は業界を渡り歩いて、今は経済評論家として、また教鞭を取るなどして活躍されている方らしい。
[山崎元『お金の教室』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。