深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーウィン・ショー『緑色の裸婦』
緑色の裸婦 (集英社文庫)緑色の裸婦 (集英社文庫)
アーウィン・ショー,小笠原 豊樹

集英社
売り上げランキング : 184032

Amazonで詳しく見る

夏服を着た女たち (講談社文芸文庫)夏服を着た女たち (講談社文芸文庫)
アーウィン ショー,Irwin Shaw,常盤 新平

講談社
売り上げランキング : 134458

Amazonで詳しく見る

 ヒュー・フォレスターには物忘れということがなかった。例えば、ニュー・コールド・ハーバーの戦いの年月日を覚えていた(一八六四年五月三十一日―六月十二日)。小学一年のときの担任の教師の名前を覚えていた(ウィーベル、髪は赤毛、体重六十八キロ、睫毛がない)。(中略)
 ところが自分の二十四回目の結婚記念日(一月二十五日)を忘れたのである。

アーウィン・ショー『緑色の裸婦』
「忘却の川の麗らかな岸辺」より


 今年の一月、直木賞作家の常盤新平さんが亡くなられました。私は氏の作品を読んだことはないけれど、氏の訳したアーウィン・ショーの作品には強い印象を受けたので残念に思います。

 アーウィン・ショーを読もうと思ったのは、これまた『夏服を着た女たち』が講談社文芸文庫に入っていたからです。林京子さんといい、講談社文芸文庫には頭が上がりません。

 アーウィン・ショーは20世紀アメリカの作家で、雑誌「ニューヨーカー」に多くの短編を発表するなど、ベストセラー作家として人気を博した有名人だったようです。

[アーウィン・ショー『緑色の裸婦』]の続きを読む
スポンサーサイト
小林秀雄『作家の顔』
作家の顔 (新潮文庫)作家の顔 (新潮文庫)
小林 秀雄

新潮社
売り上げランキング : 214764

Amazonで詳しく見る

 僕は氏の長篇を次ぎ次ぎに読み、何が大衆を惹き附けたかをいろいろ考えたが、結局それは氏の初期の諸作品にあるオリジナルなものと違ったものではない事を確信した。氏は最初から自分の為にも文学の為にも書かなかった。批評家の為にも作家の為にも書かなかった。ただ一般読者の為に書いて来た作家なのだ。一般読者にとっては、あらゆる文学的意匠は存在しない。ましてや純文学と通俗文学との区別なぞありはしない。彼等は手ぶらで扱われた題材の人間的興味の中にずかずか這入って来るだけだ。そういう小説の尋常な性格を、これが最も見分け難い文壇にあって最初に洞見して依頼にこの洞見の上に立って来た作家だ。「第二の接吻」について作者は書いている、「宮田と倭文子とを中途から結婚させようと思って、『ある結婚』と小みだしまで掲げて、二人を結婚させようと努力したが、いくら小説の中の人物だからといって、イヤなものをどうすることも出来ないのだ。まして、世の親達よ、自分の子供達の望まぬ結婚などを強いる勿れ」
 氏の新聞小説はどれも当り前の事が当り前に書かれている。殊に最近のものはいよいよ当り前になった。そして大衆はまさしくこの当り前な処に最大の魅力を感じているのである。

小林秀雄『作家の顔』
「菊池寛論」より


 今年のセンター試験の国語の問題で小林秀雄の「鍔」が取り上げられたらしく、平均点を押し下げたと話題になりました。センター試験は時間との勝負だから、初っ端から小林秀雄ではペースを乱されて大変だったろうと思います。

 もっともゆっくりと読んでも、私にとっては小林秀雄は難解です。それでもやっぱり好きで、何度も挑戦してみたくなるのですが。

 この『作家の顔』は、小林秀雄の文芸評論、特に作家について取り上げた文章が集められています。発表された時期も戦前のものから戦後まで広く収録されています。
[小林秀雄『作家の顔』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。