深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Thomas Hardy『Far from the Madding Crowd』
Far From the Madding Crowd (Penguin English Library)Far From the Madding Crowd (Penguin English Library)
Thomas Hardy

Penguin Classics
売り上げランキング : 13606

Amazonで詳しく見る

日蔭のふたり [DVD]日蔭のふたり [DVD]
ケイト・ウィンスレット,クリストファー・エクルストン,リーアム・カニンガム,レイチェル・グリフィス,トマス・ハーディ,マイケル・ウィンターボトム

パイオニアLDC
売り上げランキング : 62724

Amazonで詳しく見る

 前回、『オズの魔法使い』を読んでから一年以上経ってしまいましたが、iBooksEBPocketを使った英文読書は細々と続けていました。

 今回挑戦したのは英国の作家 Thomas Hardy の『Far from the Madding Crowd』です。『狂乱の群れを離れて』という邦題で訳されていたものですが、なかなか日本語訳は入手が難しく……。

『遥か群衆を離れて』として映画化もされているようですが、こちらも見たことがなくずっと読んでみたいと思っていたのです。
[Thomas Hardy『Far from the Madding Crowd』]の続きを読む
スポンサーサイト
須賀しのぶ『永遠の曠野 芙蓉千里3』
永遠の曠野  芙蓉千里III永遠の曠野 芙蓉千里III
須賀 しのぶ

角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング : 230263

Amazonで詳しく見る

「まあ、そんな顔をしては駄目」
 梅香はフミの頭をそっと撫でた。
「みんな、勘違いしているけれどね。恋っていうのは、幸せになるためのものじゃないのよ。その人がいない人生を歩むぐらいなら、彼と一緒に不幸になりたい。そう願う理不尽を、恋と呼ぶのよ」

須賀しのぶ『永遠の曠野 芙蓉千里3』


『芙蓉千里』『北の舞姫』に続くシリーズ完結作。真紅の花、少女、拳銃という装丁が今回も妖艶で素敵です。

 携帯サイト「小説屋Sari-Sari」で連載されていた本作。2巻分冊といううわさもあったが、ページ数はそれほど変わらず。ただ二段組になっている。

 連載版の評価がまちまちだったので近所の図書館に入るのを待っていたのだが、いっこうに所蔵されないので隣町まで足を運ぶことにした。
[須賀しのぶ『永遠の曠野 芙蓉千里3』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。