深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』
超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
リチャード・ワイズマン,木村 博江

文藝春秋
売り上げランキング : 4989

Amazonで詳しく見る

 心理学から言うと、スピリチュアリズムの設立はまさに天才的なアイディアだった。既存の教会は信仰の重要性を訴えて、合理主義の新勢力と戦ったが、スピリチュアリズムは宗教のあり方そのものを変えた。科学やテクノロジーにとり憑かれた時代に、スピリチュアリズムは人が死後も生き続ける証拠をもたらしたばかりか、愛する故人との交信を可能にしたのだ。ほかの宗教は死後の命をほとんど約束していない。かたやスピリチュアリズムは、可能性をたっぷりあたえた。それが理性と感情の両方に訴える力は絶大であり、二、三か月のあいだにこの新興宗教はアメリカ全土を席巻した。

リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』


 4月の半ばごろだったと思うが、ふとつけたラジオから懐かしい音楽が聞こえてきた。何の曲なのか思い出せず、慌てて midomi を立ち上げる。「Heavenly Flight」、どうして思い出せなかったのか、ドラゴンクエスト3のラーミアの曲「おおぞらをとぶ」だった。

 すぎやまこういちさんがゲストのその番組をそのまま流していたら、すぎやまさんが最近読んでいる本として紹介していたのがこの『超常現象の科学だった。耳を傾けてみると、『その科学が成功を決める』のリチャード・ワイズマンの名前。というわけで、早速読んでみることにした。

 占い、幽体離脱、念力、霊媒師、幽霊、マインドコントロール、未来予知。摩訶不思議な体験談を語る人はごまんといる。そういった超常現象がどうして生じるのかを心理学の観点から迫っていくもの。
[リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』]の続きを読む
スポンサーサイト
谷山由紀『こんなに緑の森の中』
 16時間がっつり作業するはずが作業できるわけもなく、今日は今日で祭りの後のような寂しさと疲労感があります。昨日の「今日は一日“アニソン”三昧 Z」楽しかったです。

 5回目ということもあるのか、構成もしっかり練られていて長時間の番組でもメリハリがあって最後までだれを感じませんでした。お疲れ様です。

こんなに緑の森の中 (ソノラマ文庫)こんなに緑の森の中 (ソノラマ文庫)
谷山 由紀,結賀 さとる

朝日ソノラマ
売り上げランキング : 1101633

Amazonで詳しく見る

 じゃあね、と言いつつ靴を履く。もたついてなかなか履けない。何やってんだろ。
 ああ、靴を引き寄せる手が震えてる。
「お母さんにも、もう少し時間をちょうだい。いまはだめだけど、しっかりするから」
 少し丸めた背中に、年が出ている。
「あのさ……」
 そうなふうに、自分を責めるなよ。だめだなんて。
「あのさ、隣に坂口さんって女のひとが住んでてさ、そのひとが言ってたんだけど。大人とか、子供とか、いないんだって。二十歳の人間、三十歳の人間、四十歳の人間がいるだけだって。だからね、いくつになっても……」
 だめだったり、みっともなかったりする。やっとわかった。坂口さんが言ってたのはそういう意味だったんだ。自分自身を甘やかす詭弁だけじゃなかったんだ。

谷山由紀『こんなに緑の森の中』


『天夢航海』がとてもよかったので、同じ作者によるこちらの作品も読んでみることにした。もう一作の『コンビネーション』も探しているのだけれど、こちらはなかなか見つからない。
[谷山由紀『こんなに緑の森の中』]の続きを読む
谷山由紀『天夢航海』
天夢航海 (ソノラマ文庫 (826))天夢航海 (ソノラマ文庫 (826))
谷山 由紀,弘司

朝日ソノラマ
売り上げランキング : 835971

Amazonで詳しく見る

「どうして行かなかったの? ――あたしにも見えたよ、船」
 さつきはひと呼吸置いてから、意を決したようにつづけた。
「あたしなら乗ったな」
 ――どうして、って言われても……。
 言えるわけがない。乗客が奇数か偶数か、つい考えてしまったなんて、笑い話にもならない。
 あの瞬間に、頭の芯が醒めた。そこへさつきの声が飛び込んできた。一子は悟ってしまったのだ。どこへ行っても、ひとりのさみしさは変わらない、ということを。
 つらいのは地上の異端ではなくて、拭えない孤独への不安だ。ひとりをさみしく感じる限り、不安からは決して解放されない。どこにいても、誰といても、消えてなくならない。だから生まれる前から約束された、他者との絆なんてものを求めてしまう。

谷山由紀『天夢航海』


 ゴールデンウィークに実家の近くの図書館に行ってみたときに見つけたこの本。作者のプロフィールを見ると割とご近所さんということで――といってもだいぶ遠いけれど――親しみが湧いて古本を探していた。

 この物語は、名古屋のとある女子高の側にある星華堂書店で不定期刊行される「天夢界紀行」という小冊子をめぐる連作短編集。

 かつて天夢界からこの地上に漂着した天夢界人はその記憶も失くして暮らしているが、時が訪れると迎えの船が現われ故郷へと帰っていく――。そんな物語に惹かれる等身大の女の子が少女たちが描かれている。
[谷山由紀『天夢航海』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。