深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKの本気
 昨日になるまで全くノーチェックでしたが、今週来週とNHK-FMで「とことん歌う声優コレクション」という番組が始まったようです。危うく見逃すところでした。

 進行で一時冷や冷やするところもありましたが、春にやっていた「とことんアニソンクラシック」よりさらに濃い選曲になっていて、NHKの底が知れません。数曲しか知らないのですが、とても面白いです。山田康雄さんの「メモリー・オブ・スマイル」はあまりにもかっこよくて、ICR-RS110M(S)で録音したものを何度も聴いています。 
 この2週間、いろいろと楽しめそうです。
スポンサーサイト
Lyman Frank Baum『The Wonderful Wizard of Oz』
The Wonderful Wizard Of Oz: A Commemorative Popup (The Childhood of Famous Americans Series)The Wonderful Wizard Of Oz: A Commemorative Popup (The Childhood of Famous Americans Series)
L. Frank Baum,Robert Sabuda

Little Simon
売り上げランキング : 4326

Amazonで詳しく見る

オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81))オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81))
ライマン・フランク・ボーム,Lyman Frank Baum,佐藤 高子

早川書房
売り上げランキング : 102073

Amazonで詳しく見る

"I am now worse off than when I first met Dorothy," he thought. "Then, I was stuck on a pole in a cornfield, where I could make-believe scare the crows, at any rate. But surely there is no use for a Scarecrow stuck on a pole in the middle of a river. I am afraid I shall never have any bhttp://deepseafishtank.blog123.fc2.com/blog-entry-327.htmlrains, after all!"
「これじゃあドロシーにあったときよりももっとひどいじゃないか」カカシは思った。「あの時は、トウモロコシ畑のまん中に立たせられていたけど、とにかくカラスをおどかしているんだと信じることはできたんだ。でも川のまん中に立ってるカカシなんて、何の役にも立ちやしない。これじゃ脳みそをもらうことこともできっこないじゃないか」

Lyman Frank Baum『The Wonderful Wizard of Oz』


『フランクリン自伝』を読んでみて、自身の英語力のなさを痛感させられ、自信を取り戻す意味もかねて、オズの魔法使いを読んでみることにしました。もちろん環境は iPhone です。

 その昔、丸善でオーディオブックを選んでいたときに、店員さんに読みやすいものを尋ねたことがありました。その時は、『不思議の国のアリス』や『オズの魔法使い』は他の文学文学したラインナップよりは読みやすいですよ、という話でした。そのときは「アリス」のほうを選んでしまったのですが。

「オズの魔法使い」というと誰でもあらすじぐらいは思い浮かぶ有名なストーリーのはず。ところが、その後、英文多読をかじってみたときに、Retold 物を読んで、あれれ何か思っていた話と全然違うぞとなってしまいました。以来、いつか原作をしっかり読んでおきたいなと思っていたのでした。


[Lyman Frank Baum『The Wonderful Wizard of Oz』]の続きを読む
Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』
The Autobiography of Benjamin Franklin (Dover Thrift Editions)The Autobiography of Benjamin Franklin (Dover Thrift Editions)
Benjamin Franklin

Dover Publications
売り上げランキング : 5325

Amazonで詳しく見る

フランクリン自伝 (岩波文庫)フランクリン自伝 (岩波文庫)
フランクリン,松本 慎一,西川 正身

岩波書店
売り上げランキング : 2189

Amazonで詳しく見る

I grew convinc'd that truth, sincerity and integrity in dealings between man and man were of the utmost importance to the felicity of life; and I form'd written resolutions, which still remain in my journal book, to practice them ever while I lived.
私は人と人との付き合いにおいての正直、誠実、高潔さが人生の幸福に最も重要なものであると認めるようになった。私は終生これらの美徳を実行すると決め、日記帳に書き留めたが、それは今でも残っている。

Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』


 自分で購入した洋書で未読のものは、勢いで買ってしまった三島由紀夫の『Forbidden Colors』だけになった。実はこの『禁色』は初めて買った洋書で、1ページ目で挫折した経験から、再び手に取る意欲がなかなか湧きません。

 というわけで、iPhone 用のアプリ「iBooks」でダウンロードした作品を、初めて買ったパソコンについてきた研究社の英和中辞典を epwing 形式の辞書が使えるアプリ「EBPocket」に入れて、出先での空き時間にちょこちょこ読み進めるのを試しています。

『Winnie-the-Pooh』を読み終わって次は何を読もうかとストアを眺めていたら、すぐに目に留まったのがこの『フランクリン自伝』でした。
[Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。