深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エドワード・S・リード『経験のための戦い』
経験のための戦い―情報の生態学から社会哲学へ経験のための戦い―情報の生態学から社会哲学へ
エドワード・S. リード,菅野 盾樹

新曜社
売り上げランキング : 93517

Amazonで詳しく見る

 われわれの行動は環境を変化させるが、しかし行動はまたわれわれも変化させる。経験は行動と手をたずさえて進むのであり、両者を改善し拡張することができる。人は実際に自らの失敗から学ぶことができる。哲学者や科学者は、他の人と同じように、「自らの経験に広がっている善」を受け入れざるをえない。「(哲学には)モーセあるいはパウロにゆだねられたような啓示の権威がない。しかし哲学はこれらの共通で自然な善を知的に批判する権威をもっている」。デューイは次のように付け加えるべきだったろう――その権威を哲学が引き受けるかぎりでのみ、哲学者が自らを理解し改善するべく集団の人間的努力に奉仕し間違う危険を犯すかぎりでのみ、哲学は知的批判の権威をもつ、と。不確実性への怖れが現代世界に蔓延している。人間性に奉仕するべく知的批判を用いようとする多くの哲学者の試みを無力化するのは、なによりもこの不確実性への怖れである。

エドワード・S・リード『経験のための戦い』


 年の初めに、エドワード・リードの『魂から心へ』を読んだ際に、この『経験のための戦い』が訳されていることを知った。ページ数からみれば、ものすごい大著というわけでもなさそうなので、近いうちに読もうと思っていた。

 リードは哲学者でもある生態心理学者。42歳で夭折した彼には、三部作といわれる主著がある。『アフォーダンスの心理学』は理論的な面を体系的にまとめたものであり、『魂から心へ』では心理学誕生前夜の歴史をたどり心理学がその過程で失ってしまったものを再発見しようとする試みだった。そして『経験のための戦い』では、生態学的なアプローチを用いて現代社会の抱える問題を抉り出そうとする。

 原題は「経験の必要性」というものだが終章の題をとって「経験のための戦い」としたらしく、インパクトのあるものになっている。
[エドワード・S・リード『経験のための戦い』]の続きを読む
スポンサーサイト
手塚治虫『リボンの騎士』
リボンの騎士(1) (講談社漫画文庫)リボンの騎士(1) (講談社漫画文庫)
手塚 治虫

講談社
売り上げランキング : 269999

Amazonで詳しく見る

リボンの騎士(2) (講談社漫画文庫)リボンの騎士(2) (講談社漫画文庫)
手塚 治虫

講談社
売り上げランキング : 209306

Amazonで詳しく見る

えい!!

だ…
だれだっ
おまえは?

あちゃちゃ
天から
降ったか
地から
わいたか

それとも
前の
ページ
から
現れ
たか?

ナイロン卿!!
また
弱い者いじめを
しているんだな

私は
リボンの騎士

さァ
相手に
なるぞっ

手塚治虫『リボンの騎士 1』


 うっかり「少女クラブ版」を借りてきてしまったという先日の記事に続いて、手塚治虫自身によってセルフリメイクされた「なかよし版」の「リボンの騎士」を読んでみる。こちらは紛れもなく配信されていたもの。

 いたずら天使のチンクによって男の子の心と女の子の心を同時に持って生まれてしまったシルバーランド国の王女サファイアは、ちょっとした手違いから王子として育てられることになる。15歳になろうとするサファイアに、王位を狙うジュラルミン大公の毒牙が迫る、といったかたちで始まる少女マンガ。


 短期間に続けて読んでみると、やはりリメイクされているだけあって、こちらの「なかよし版」のほうが完成度がぐっと上がっているように思う。

[手塚治虫『リボンの騎士』]の続きを読む
手塚治虫『リボンの騎士 少女クラブ版』
リボンの騎士 少女クラブ版 (講談社漫画文庫)リボンの騎士 少女クラブ版 (講談社漫画文庫)
手塚 治虫

講談社
売り上げランキング : 139195

Amazonで詳しく見る

ナイロン卿
また
よわいもの
いじめを
しているなっ
私はリボン
の騎士!
さあ相手に
なるぞ 

手塚治虫『リボンの騎士 少女クラブ版』


 最近の「週間手塚治虫マガジン」(iTunes Store へ)の配信は、『ブッダ』の映画化ということで『ブッダ』の配信が続いている。以前は短編や長編のさわり読みで構成されていた誌面が、長編もコンスタントに配信されるようになり、また違った楽しみ方ができるようになってきていて嬉しい。

 そんな中でも、特に好きなのが『リボンの騎士』。天使のいたずらによって、男の子の心と女の子の心を一緒に持って生まれてしまった王女サファイアが王位の簒奪を狙う大公との抗争や隣国の王子とのすれ違いの恋を繰り広げる激動の物語。

 はじめは手塚治虫の少女マンガ作品ということであんまり期待していなかったのだが、読み進めるうちにサファイアの行末がどうなるのかとはらはらとしだし、十章を超えたところで居ても立ってもいられず、図書館で借りて読んでしまうことにした。
[手塚治虫『リボンの騎士 少女クラブ版』]の続きを読む
シモーヌ・ヴェイユ『根をもつこと 下巻』
根をもつこと(下) (岩波文庫)根をもつこと(下) (岩波文庫)
シモーヌ・ヴェイユ,冨原 眞弓

岩波書店
売り上げランキング : 34647

Amazonで詳しく見る

 現代人の心のなかで偉大さの構想と意味のまったき変革を完遂させずとも、ヒトラーを偉大さから追放できると信じたりするのは、国家的な憎悪に眼をくらまされてりうがゆえの幻想である。しかし、この変革に貢献するには、個々の人間がみずからのなかで変革を完遂させていなければならない。ひとりひとりの人間が、まさにいまこの瞬間から、偉大さの感覚の方向性を修正して、みずからの魂のなかでヒトラーの懲罰を始めることができる。これはなまなかな覚悟ではできない。大気圏の圧力とおなじく重く包み込んでくる社会的圧力が、こうした努力に抵抗するからである。最後までやってのけるには、精神的に社会の外側にわが身を追放せねばならない。だからこそプラトンは、善を識別する能力は神の直伝をうけて救霊を予定された魂のなかにしか存在しない、といったのだ。

シモーヌ・ヴェイユ『根をもつこと 下巻』


 上巻に続いて『根をもつこと』の下巻を読んでみる。この下巻には、第3部の「根づき」が収められている。

 フランスの本土回復を前に、深い傷を負ったフランス国民に霊感を吹き込み、フランス再建へ向けての行動を起こす原動力を与える方法が考察されていく。

 以下メモ。
[シモーヌ・ヴェイユ『根をもつこと 下巻』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。