深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エドワード・リード『魂(ソウル)から心(マインド)へ』
魂(ソウル)から心(マインド)へ―心理学の誕生魂(ソウル)から心(マインド)へ―心理学の誕生
エドワード・S. リード,Edward S. Reed,村田 純一,鈴木 貴之,染谷 昌義

青土社
売り上げランキング : 519872

Amazonで詳しく見る

 周知のとおり、エロースについての古代ギリシャの理論はプラトンの『饗宴』で展開されている。一八一八年、シェリーは、もっぱら自分自身が利用することを目的として、この対話篇を翻訳した。いみじくも一八一八年は、あの『フランケンシュタイン』が発表された年である。これ以降のシェリーの詩には、プラトンの思想とダーウィンの思想が混合しているのが見て取れる。詩『感覚植物』(七四 - 七八行)を引用してみたい。

  感覚植物、それは鮮やかな花を咲かせない。
  輝きも芳香も欠けている――どうして、
  愛があるからだ――なんと神々しい愛だろう――底無しのこころは、はちきれそうだ――。
  愛し求めているからだ。自分にないものを――美を!

エドワード・リード『魂から心へ』


 エドワード・リードの『アフォーダンスの心理学』はとても興味深い本で、アフォーダンスというと環境によってヒトが動かされているかのようなイメージをもちがちだった自分に、ヒトの活動と環境とが相互作用する、より動的なイメージを与えてくれた本だった。

 そのリードには主要な著作が3部あるということで、こちらの本をずっと探していた。しかし古本でも結構な値が張るので、取り寄せてもらい、冬休みの間に取り組むことにした。


 心理学は、1879年、ヴィルヘルム・ヴントが心理学研究室を立ち上げた時に成立したとされる。百数十年の歴史しかない、しかし「心」の探求は古代ギリシアまでさかのぼることができる長い伝統を持つとするのが、心理学史のよく見かける定番となっている。
[エドワード・リード『魂(ソウル)から心(マインド)へ』]の続きを読む
スポンサーサイト
夜道でバーエンドを使うのはやめようと思った
キャットアイ(CAT EYE) HL-EL530 ヘッドライトキャットアイ(CAT EYE) HL-EL530 ヘッドライト


キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング : 94

Amazonで詳しく見る

 先日、とうとう自転車で事故をした。
 いつもの夜道を自転車で駆けていた時のこと。
 突然、下から強い突き上げを食らった。両足はペダルを離れ、厚手の手袋をした手はバーエンドバーからすっぽ抜けた。あわててハンドルを握りなおしたものの、倒れないようにするのが精一杯。完全に舵を失った自転車は吸い込まれるようにフェンスのほうへ向かっていった。

 衝突のショックでふらふらしていたものの、恥ずかしさとやってしまったという焦りで、何とかそのまま自転車に乗って帰ることができた。

 確認してみると耳には小さな裂傷、頭には大きなたんこぶができておりました。頭をぶつけたものの、出血があるので大過はなさそう。一方の自転車はというと、バーエンドのめっきが少し剥げた程度で……。状況にもよるとはいえ、守るほうが違う気がしたのでありました。
[夜道でバーエンドを使うのはやめようと思った]の続きを読む
今野緒雪『マリア様がみてる ステップ』
マリア様がみてる ステップ (マリア様がみてるシリーズ) (コバルト文庫)マリア様がみてる ステップ (マリア様がみてるシリーズ) (コバルト文庫)
今野 緒雪,ひびき 玲音

集英社
売り上げランキング : 209

Amazonで詳しく見る

『マリア様がみてる 私の巣』以来となる、「マリみて」シリーズの新刊が出ているということで、遅ればせながら読んでみた。約1年ぶりの新刊となる。

 こちらも『私の巣』と同様、コバルト本誌に連載された短編に加筆して、一冊の書き下ろし作品に仕立て直したものとなります。

 物語は、シリーズ主人公の祐巳の親世代のリリアン女学園の話になっています。姉妹(スール)制度も薔薇様たちも出てこない、男女交際の話がメインということで、「マリみて」ぽさはないかもしれず、物足りなく思う人もいるかもしれないけれど、私は好きです。

 以下ネタバレ含みます。
[今野緒雪『マリア様がみてる ステップ』]の続きを読む
遠藤周作『青い小さな葡萄』
青い小さな葡萄 (講談社文芸文庫)青い小さな葡萄 (講談社文芸文庫)
遠藤 周作

講談社
売り上げランキング : 707459

Amazonで詳しく見る

「みどりの青春か。君、戦争の時、なにをしていました。ぼくはニューエンベルグの収容所にいましたがね、一度あそこで冬を送ったな。窓から、雪が降るのを見てたこともありましたぜ。
 楽しそうに唄を歌っているな。まるで何もなかったみたいじゃありませんか。雪っていう奴は、みんな消してしまうからな。砂のような音をたてて降っていやがる。が仏蘭西の学生はこうやって楽しそうに唄を歌っていられるんだからな。いつも高見の位置にいられるんだからね。それが勝者であり、世界の中で最も良心的な国というわけか。いつかこいつは償われなくちゃならないと、ぼくは何時も思うんですよ。今こうして唄を歌っている女学生たちの顔が、ぼくやエバのように恐怖、怯えで歪まなくちゃならない。それでなきゃ、不合理だ。じゃありませんか。ムッシュー・イアラ」

遠藤周作『青い小さな葡萄』


『神の棘1』『神の棘2』を読んでいて、遠藤周作を思わせるところがあったので、久々に
ふと読んでみようと思った。

 遠藤周作は好きな作家の一人で、歴史小説しか読んでこなかった自分が歴史物じゃなくても小説を楽しめるんだと気づくことになった思い入れのある作家でもあります。

 この『青い小さな葡萄』が文庫になっていることは長い間知らなくて、見つけたとき思わず買ってしまって積読になっていたもの。遠藤周作にとっては処女長編小説にあたる作品ということで言及は多いものの、手軽に読める作品ではなかった。
[遠藤周作『青い小さな葡萄』]の続きを読む
立原道造『萱草に寄す』他
立原道造詩集 (ハルキ文庫)立原道造詩集 (ハルキ文庫)
立原 道造

角川春樹事務所
売り上げランキング : 25800

Amazonで詳しく見る

美しいものになら ほほゑむがよい
涙よ いつまでも かはかずにあれ
陽は 大きな景色のあちらに沈みゆき
あのものがなしい 月が燃え立つた

つめたい!光にかがやかされて
さまよひ歩くかよわい生き者たちよ
己は どこに住むのだらう――答へておくれ
夜に それとも昼に またうすらあかりに?

己は 嘗てだれであつたのだらう?
(誰でもなく 誰でもいい 誰か――)
己は 恋する人の影を失つたきりだ

ふみくだかれてもあれ 己のやさしかつた望み
己はただ眠るであらう 眠りのなかに
遺された一つの憧憬に溶けいるために

立原道造『暁と夕の詩』
「VII 溢れひたす闇に」より


 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年はもう少し更新頻度を上げるか、もしくは大著に挑みたいと思っていますが、あまり無理をせずのんびりと続けていけたらと思います。



 今までずっと本を読むなら紙以外考えられないと思っていた。しかしiPhone のアプリ「iBooks」で、最初から入っていた『Winnie-the-Pooh』の美しい挿絵に惹かれて読んでみたところ、意外に読めるという印象だった。

 これなら日本語も読めるのではないかということで試してみた。使ったのは「豊平文庫lite」。こちらは青空文庫の作品をダウンロードして読むことができる。無料お試し版だというのに30作品まで利用可ということで太っ腹、おすすめです。
[立原道造『萱草に寄す』他]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。