深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冲方丁『天地明察』
天地明察天地明察
冲方 丁

角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング : 311

Amazonで詳しく見る

『理を説くこと高尚なりといえども、術を解することうかつなる者は、すなわち算学の異端なり』
 算術を〝学〟と呼ぶ。それ自体が、この非凡の士の本質のような気がした。
 たとえば朱子学において、学は、小学と大学とに分けられる。
 大学は理念、小学は基礎教育。この稿本は、いわば大学と小学とを結ぶ、堅固たる階梯になろうとしていた。どんな者も小学から大学へと至れるのだと告げていた。特殊な存在でなければ、その道すら辿れないなどとは言っていなかった。
「……私でも、良いのですか」
 稿本に向かって、ささやくように口にした。
 問いながら同時に答えているような、おずおずとした表明の言葉だった。
「……私でも」
 込み上げる思いで、かえって声が詰まった。代わりにぽたぽた涙が零れて膝に落ちた。
〝退屈ではない勝負が望むか〟
 老中酒井の言葉がふいによみがえり、我知らず、強く拳を握りしめた。
 今このときほど、それを望んだことはなかった。これほどまでに自分がそれを望んでいたことにやっと気づいた。
 そしてそれが〝算学〟という言葉によって、今、己の目の前にあることに気づいた。
 洗われてゆくような心の中で、そのとき春海は、はっきりと決心した。
 この稿本を読んでのち、問題を作ろう。
 そして村瀬に断り、あの磯村塾の一隅に張り出すことを許してもらう。
 ただ一人の士に献げ、また挑むためだけに。
 渾身の思いをもって独自の術を立ち上げ、それによって、あの関孝和に出題するのだ。

冲方丁『天地明察』


 ふだんあまり小説を読む人ではない母親の口から冲方丁さんの名前が出てきて驚いた。どうしてと不思議に思っていたが、この『天地明察』で2010年度の本屋大賞を受賞したということらしい。私も食指を動かされ、図書館から借りてきた。

 冲方丁さんの作品はこれが初めて。その昔、知人が持っていた『マルドゥック・スクランブル』を見せてもらったことがあったが、ずっしりとした文体に尻込みしてしまった。

 その後も各所で名前を耳にし気になる人ではあったけれど、アニメ「蒼穹のファフナー」の脚本をしたりと、スタイリッシュなイメージで肌に合わないかなと避けてきたところがある。要は嫉妬でしょう。
[冲方丁『天地明察』]の続きを読む
スポンサーサイト
E. M. フォスター『インドへの道』
インドへの道 (ちくま文庫)インドへの道 (ちくま文庫)
エドワード・モーガン フォースター,Edward Morgan Forster,瀬尾 裕

筑摩書房
売り上げランキング : 207827

Amazonで詳しく見る

「どうもありがとう。なんの歌だったんですか」とフィールディングは尋ねた。
「詳しく説明しましょう。これは宗教的な歌なんです。わたしは乳しぼりの娘になって歌ったんです。シュリ・クリシュナの神に向って、わたしはこう言います、『来てください! わたしのところへだけ来てください!』だけど、神は来てくれないんです。わたしは、へりくだって、こう言います、『来るのは、わたくしのところだけでなくていいんです。あなたは百のクリシュナの神になってください。そして、わたくしの仲間の一人一人のところへ、神を一人ずつよこしてください。だけど、宇宙の主よ、わたくしのところへも一人だけはよこしてください』それでも神は来てくれないんです。こんなことが数回くりかえされるんです。今の時間、つまり夕方にふさわしいラーガという形式で作曲されているんです」
「だけど、その神は、どれかほかの歌の中で来てくれるんでしょうね?」ムア夫人は静かに言った。
「いいえ。神は来てくれないんですよ」質問の意味がわからなかったらしく、ゴドボールはくりかえした。「わたしは神に言うんです。「来たれ、来たれ、来たれ、来たれ、来たれ、来たれ』って。それでも神は来てくれないんです」
 ロニーの足音は、もう消えてしまっていた。そして一瞬のあいだ、物音一つしない静けさがあたりを支配した。池には、さざなみ一つ立たず、木の葉一枚さえ動かなかった。

E. M. フォスター『インドへの道』


 フラナリー・オコナーの『存在することの習慣』(だったと思う)で、フォースターの名前が好意的に取り上げられていたので、一冊だけ持っていたフォスターの作品を読んでみることにした。

 インドには何か心を惹きつけるものがある。ステレオタイプなイメージだけれど、放浪者が流れ着く場所みたいな感じがある。現実は自転車で移動できる半径内でしか生活していないというのに、インドという記号に憧れている。

 この『インドへの道』もタイトルに惹かれて買っておいたものだった。インドへ巡礼する、そんなイメージを勝手に抱いていた。

 ところが実際の内容はかなり異なる。
[E. M. フォスター『インドへの道』]の続きを読む
ジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』
フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
ジュミック今井

明日香出版社
売り上げランキング : 2049

Amazonで詳しく見る

<フォニックスってなに?>
 フォニックスは英語を母国語とする子供たちが学ぶつづり字と発音の関係を示したルールです。アルファベットには一定の読み書きルールがあり、このルール学習のおかげでネイティブの子供達はすんなりと『音声⇒文字』、つまり耳から入ってきた音を文字へ変換することができるのです。さて、では私たち日本人がフォニックスを学ぶメリットとは一体なんでしょうか?

 ずばり、発音矯正です。

ジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』


 少し前にフォニックスというものの存在を知って興味を持っていたところ、図書館でこちらの本を見つけて試してみることにした。

 フォニックスは子ども向けの発音とつづり字の関係の教育方法だという。発音の本はいくつか読んできたけれど(→『英語音声学』)、何だか順番が違ったような気がしないでもない。
[ジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』]の続きを読む
須賀しのぶ『神の棘 2』
神の棘 2 (ハヤカワ・ミステリワールド)神の棘 2 (ハヤカワ・ミステリワールド)
須賀 しのぶ

早川書房
売り上げランキング : 20963

Amazonで詳しく見る

 乱れのない兵士の動きは、美しかった。日々繰り返される行為の中に、意思はない。一片の感情もないからこそ、彼らの動作は淀みなく、完璧に揃っていた。
 命令には無条件に従う。内容は問わない。なぜならそれは命令だから。自分の意思はない。責任はない。それがSS。それが、ドイツ人。

須賀しのぶ『神の棘 2』


『神の棘 1』に続いて、『神の棘 2』を読み終わる。二ヶ月連続刊行の書き下ろし作品もこちらで完結。

 この2巻では、出世街道を外れたアルベルトが前線へと転戦、ロシアやイタリアでパルチザンの掃討など、危険でありながら正規軍のやりたがらない汚れ仕事を担当する姿が描かれていく。

 一方のマティアスはイタリアで衛生兵として従軍し、支援活動を行う中で、連合軍が救世主でもなんでもないことを目の当たりにし、聖職過程を終えていない修道士の身でありながら死にゆく兵士たちへ聖体の秘蹟を行えないかと考えるようになる。
[須賀しのぶ『神の棘 2』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。