深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原田豊太郎『間違いだらけの英語科学論文』
間違いだらけの英語科学論文 (ブルーバックス)間違いだらけの英語科学論文 (ブルーバックス)
(2004/07/21)
原田 豊太郎

商品詳細を見る

 誤用の問題に入る前にまず形容詞的用法について解説する.
(1) 名詞が不定詞の意味上の主語になる場合
A specially formulated fluorecent dye was added to the system to be tested. (特別に調合した蛍光染料を試験する系に加えた)(略)

(2) 名詞が不定詞の意味上の目的語になる場合(略)
Do you have anything to declare?(略)

(3) 不定詞が名詞を具体的に説明する場合
Disputes will delay efforts to prevent the destruction of the ozone layer. (論争のために,オゾン層の経験を防止する努力は遅れるであろう)(略)

 以上の3つのケースが主要な形容詞的用法であるが,日本人の誤用の多くは,これ以外の場合に不定詞を用いてしまうことから生じている.その場合,名詞と不定詞の関係はさまざまであり,従って訂正の仕方も一通りではない.迷った場合,名詞と同士の意味関係を考え,辞書や文法書を参考にしながら正しい表現を考えることになる.

原田豊太郎『間違いだらけの英語科学論文』


 以前、何冊か技術英文関係の本を立て続けに読んだことがあった。

 ほんの覚書程度の内容ながら、1冊の本の著者の方々から匿名でコメントをもらうことができ、恐縮ながらも大変嬉しい思いをした。

 年末年始を利用して、また少し技術英語の本を読んでみようかと思い、定評があって値段も手ごろなこちらの本を手にとってみた。
[原田豊太郎『間違いだらけの英語科学論文』]の続きを読む
スポンサーサイト
佐伯梅友(校注)『古今和歌集』
古今和歌集 (岩波文庫)古今和歌集 (岩波文庫)
(1981/01)
佐伯 梅友

商品詳細を見る

 和歌は、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、事・業しげきものなれば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひいだせるなり。花に鳴く鶯、水に住むかはづの声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士の心をもなぐさむるは、歌なり。

佐伯梅友(校注)『古今和歌集』



 末次由紀さんの「ちはやふる」のヒットなどで、百人一首がクローズアップされつつあるような気がします。

 末次由紀さんは「Only you~翔べない翼~」で少女漫画へ誘ってくれた人なので、盗用事件からカムバックされたのは嬉しいことです。

 そんなこんなで、古典には何となく憧れがあったこともあり、年末年始を利用して古今和歌集に挑戦してみました。
[佐伯梅友(校注)『古今和歌集』]の続きを読む
手塚治虫『奇子』
奇子 (上) (角川文庫)奇子 (上) (角川文庫)
(1996/06)
手塚 治虫

商品詳細を見る

奇子 (下) (角川文庫)奇子 (下) (角川文庫)
(1996/06)
手塚 治虫

商品詳細を見る

こ…わ…い!!

なにも
こわいこと
なんか
ありゃせん
勇気
出せ!

いや!
殺される!

そんなこと
ありゃせん
にいちゃんが
ついてるだ!

いや!
のぼれない!

みんな みんな
奇子を殺しに
くるのよ

奇子
ここが
いいの 

手塚治虫『奇子 下巻』


『MW』『きりひと讃歌』に続き、「手塚治虫アプリ」で触り読みして、面白そうだなと感じた、こちらの作品を読んでみた。

 この作品を読むまでは全く知らなかったのだが、戦後最大の謎といわれる「下山事件」に取材していて、東北のある旧家のどろどろした人間関係が描かれる。
[手塚治虫『奇子』]の続きを読む
金哲彦『「体幹」ランニング』
「体幹」ランニング (MouRa)「体幹」ランニング (MouRa)
(2007/11/28)
金 哲彦

商品詳細を見る

 試しに体幹の筋肉を使う補強運動をやり直してみると、フォームがガラリと変わりました。スランプが嘘のように、軽く速く走れるようになったのです。走れなくなった原因は、じつに単純なことでした。いつも行っている腹筋などの補強運動がおろそかになり、体幹を使うコツを忘れてしまったからだったのです。
 この経験から、私は選手たちに必ず体幹の筋肉を使う補強運動をやらせるようにしました。通常、練習が終了した後に各自で行なうものでしたが、私はこれを改め、走る前に必ず全員で行なうメニューにしたのです。
 その効果はてきめんで、体幹の筋肉を強化することで、女子選手に多かった股関節の故障は格段に減りました。もちろん、タイムが縮まり、成績が上がったことはいうまでもありません。

金哲彦『「体幹」ランニング』


 箱根駅伝もあってランニングが注目される季節ですが、やはりフォームがきれいだなと思います。

『3時間台で完走するマラソン』『金哲彦のランニング・メソッド』と読んでみましたが、確認の意味も込めて、評判のよさそうなこちらの本を手にとってみた。

 本書は、『ランニング・メソッド』をよりシンプルにしたような内容。
 柔軟体操の仕方や違和感を覚えた時、故障時の対処法などをも削ぎ落とし、現代人が眠らせてしまっている体幹の使い方をひたすら伝えようという内容。
[金哲彦『「体幹」ランニング』]の続きを読む
今野緒雪『マリア様がみてる 私の巣』
マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)
(2009/12/25)
今野 緒雪

商品詳細を見る

 明けましておめでとうございます。今年ものんびりと続けていこうと思っています。


 新年最初ということで、「マリみて」の新刊から。
 スピンオフ作品の「お釈迦様もみてる」は無事シリーズ化されたようで巻数を重ねているが、求めているものとはちょっと違うなあという気がしています。

 しかし、スピンオフ元の「マリア様がみてる」シリーズはやはり好きなことに変わりなく、新刊が読めるのは嬉しいです。
[今野緒雪『マリア様がみてる 私の巣』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。