深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小林秀雄『Xへの手紙・私小説論』
Xへの手紙・私小説論 (新潮文庫)Xへの手紙・私小説論 (新潮文庫)
(1962/04)
小林 秀雄

商品詳細を見る

 社会的伝統というものは奇怪なものだ、これがないところに文学的リアリティというものもまた考えられないとは一層奇怪なことである。伝統主義がいいか悪いか問題ではない、伝統というものが、実際に僕等に働いている力の分析が、僕等の能力を超えている事が、言いたいのだ。作家が扱う題材が、社会的伝統のうちに生きているものなら、作家がこれに手を加えなくても、読者の心にある共感を齎す。そういう題材そのものの持っている魅力の上に、作者は一体どれだけの魅力を、新しい見方により考え方によって附加し得るか。これは僕は以前から疑わしく思っていた事である。題材でなくてもよい。ただ一つの単語でもよい。言葉にも物質の様にさまざまな比重があるので、言葉は社会化し歴史化するに準じて、言わばその比重を増すのである。どの様に巧みに発明された新語も、長い間人間の脂や汗や血や肉が染みこんで生きつづけている言葉の魅力には及ばない。どんな大詩人でも比重の少い言葉をあつめて、人を魅惑する事は出来ない。小は単語から大は一般言語に至るまで、その伝統が急速に破れていく今日、新しい作家達は何によって新しい文学的リアリティを獲得しようとしているのか。

小林秀雄「私小説論」


 長いこと小林秀雄を読まず嫌いしていた。小林秀雄の批評はわかりにくいという評判を聞いていたから。

 ところがタイトルに惹かれふと手にとった「考えるヒント」が思ったよりも読みやすかった。そして続けて読んだ「考えるヒント2」がすごかった。その時期少し落ち込んでいた私は、励まされる思いだった。

 それ以来、少しずつ紐解いている。小林秀雄の紡ぐ言葉はやはりかっこいい。私にとっては「わかりにくい」というのは確かで、内容は頭に入ってないのだけれど……。

 この新潮文庫の一冊には、「様々なる意匠」や「私小説論」といった批評の他に、断片的な創作も収録されていて意外だった。ストーリーはほとんどなくよくわからないが、強烈なイメージを伝えてくる。
[小林秀雄『Xへの手紙・私小説論』]の続きを読む
スポンサーサイト
山田ズーニー『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
(2001/11)
山田 ズーニー

商品詳細を見る

 つまり、書くことによって、あなたがあなたの潜在力を生かし、読み手を共感させることだ。読み手に、共感・納得・発見などの心の動きが生まれれば、やがてそれは読み手の内部で大きな振動となって、読み手自身の潜在力を揺さぶり起こすだろう。そういうふうに人に伝わる、人を揺さぶる文章を目指そう。

山田ズーニー『伝わる・揺さぶる!文章を書く』


 文章術に関する本を読むのは好きで定期的に読んでいる。実践のほうはさっぱりできていないのだけれど。

 本書はウェブサイトの「ほぼ日刊イトイ新聞」で「おとなの小論文教室」を連載していたりと、活躍されている山田ズーニーさんの初めての著作。

 小論文といった形式が限定されているものや、文学的な表現へ志向された文章術の本が多い中で、その中間ともいえる日常で使われるような機能文といったものを対象としている。

 上司の説得や謝罪文、議事録、メールなども射程に入っている。それだけでなくコミュニケーション全般について考えていく。
[山田ズーニー『伝わる・揺さぶる!文章を書く』]の続きを読む
ピーター・ドラッカー『ドラッカー20世紀を生きて』
ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書 (私の履歴書)ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書 (私の履歴書)
(2005/08)
ピーター・F. ドラッカー

商品詳細を見る

 そんなある日、地下鉄のピカデリーサーカス駅にある英国最長のエスカレーターの上りの側に乗っていると、下りの側に見覚えのある若い女性を見つけた。フランクフルト大学時代に知り合い、後に妻となるドリスだ。
 お互いに狂ったように手を振り合った。私は上りきると下りに乗り換え、彼女は下りきると上に乗り換える。そんなことを四回も繰り返しただろうか。そこでようやく私が乗り換えをやめて合流できた。私にとって人生最高の瞬間だったと思う。

ピーター・ドラッカー『ドラッカー20世紀を生きて』


 ドラッカーの著作は以前から読みたいと思っていたけれど、何から読んだらいいか悩み、自伝的なものから入ってみることにした。

 本書は日経新聞に「私の履歴書」シリーズとして27回にわたって連載されたものを、訳者が説明を補って一冊にまとめたもの。付録として著作一覧などが

 新聞の連載ということで紙幅が限られているため、個々のエピソードはかなり短い。全体でも150ページほどでさらっと読める。

 長いドラッカーの生涯でも前半生のエピソードが多いように思う。そのイメージの濃い経営に関する部分はそれほど多くない。
[ピーター・ドラッカー『ドラッカー20世紀を生きて』]の続きを読む
須賀しのぶ『流血女神伝 暗き神の鎖』
暗き神の鎖〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)暗き神の鎖〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
(2004/06)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

 自分が望むものはなんなのか、深く考えたことはない。理由など、いつも邪魔なだけだ。ようやく見つけた宝石に心を注ぎ、それを根こそぎ奪われるあの絶望は、一度きりでたくさんだ。だから、ただすべきことをすればいい。自分にとってはカリエは未だにアルゼウスの影なのかもしれないし、そうでないのかもしれないが、どちらも結果は同じだ。

須賀しのぶ『流血女神伝 暗き神の鎖 中編』
「流血女神伝 暗き神の鎖」全3冊読了。「流血女神伝 女神の花嫁」に続いてシリーズ5作目。

 家督をめぐる争いに勝ち砂漠の国エティカヤの王となったバルアン。新婚生活もそこそこに、バルアンは正妃マヤラータとなったカリエにヨギナ総督を命じた。

 折りしもカリエに妊娠が発覚し、カリエは無事王子アフレイムを産む。しかし女神の娘カリエの体が満ちたことを知ったザカールが動き出す。ザカールの長老クナムであるリウジールの前に、その姉であるラクリゼも歯が立たない。

 夫とも子とも離れ、慣れない総督としての生活に加え、ザカールの脅威に苛まれるカリエ。そしてとうとうアフレイムがリウジールにさらわれてしまう。カリエは全てを捨てアフレイム救出のためザカールへ向かうことを決意する……。

 久々に本編に戻った女神伝。このザカール編では女神の娘という主人公の設定が消化され、重要な位置を占める作品となっている。

[須賀しのぶ『流血女神伝 暗き神の鎖』]の続きを読む
三品和広『経営戦略を問いなおす』
経営戦略を問いなおす (ちくま新書)経営戦略を問いなおす (ちくま新書)
(2006/09)
三品 和広

商品詳細を見る

 変わりにくい長期利益、それを一〇年単位でいかにシフトアップさせていくか、それが本当の戦略だと私は考えています。変わりにくいものを変えるのでなければ、わざわざ戦略などという大仰な表現を使う必要はないでしょう。本来は安定している水準をいかに上に向かって変位させるのか、または突然の転落をいかに防ぐのか、これぞ戦略を要する難業です。

三品和広『経営戦略を問いなおす』


 本書は文字通り経営戦略とはどういうものかをもう一度考えなおすことを目的にしたもの。

「戦略という言葉をちゃんと理解して使っていますか」という問いは少しずるいような気もするけれど、確かに何となくで使ってしまっているかもしれない。

 本書では日本企業の営業利益率が低下の一途をたどっていることを指摘し、長期的に利益を伸ばしていくことを戦略だと位置づける。

 そして何十年に渡って存続する上場企業のデータを参照しながら、長期的な利益を伸ばすことの難しさを指摘し、戦略の代名詞的な売上高成長戦略が長期的利益の向上と結びつくことが少ないとする。
[三品和広『経営戦略を問いなおす』]の続きを読む
山本七平・良樹『父と息子の往復書簡』
父と息子の往復書簡―東京…ニューヨーク父と息子の往復書簡―東京…ニューヨーク
(1991/12)
山本 七平山本 良樹

商品詳細を見る

 徳川家康は「惣て偽にても、実らしく語れば偽がましからず、実にても珍しきことは偽がましく聞ゆるものなり。よりて人は実らしき虚言はいうとも、偽がましき実事は語るべからず」という妙なことを言っている。彼は生涯「実らしき虚言」を言いつづけたのであろう。そうでなければ天下はとれまい。まこと家康らしい言葉だが、この「実らしい虚言」を見抜くのは、細部を見てはじめて可能なのだ。これが現代では、マスコミにだまされない知恵だ。そして家康の言葉は、レーガンでもゴルバチョフでもブッシュでも変りはあるまい。「偽がましき実事」など口にしたらすぐ失脚だから「実らしき虚言」を言ってるだろう。そしてマスコミも同じ原則で、違反すればすぐ部数減となり、テレビキャスターは下ろされるだろう。

山本七平・良樹『父と息子の往復書簡』


『禁忌の聖書学』『静かなる細き声』で印象的な書評を残していた山本良樹氏。父親である七平氏との往復書簡集があると知り読んでみた。

 今になって初めて良樹氏がアメリカの大学に通った後、アウトローな世界に飛び込みながら、詩人として認められるようになったことを知った。

 本書は良樹氏が詩人として登場したことを知った出版社がアメリカにいる良樹氏と東京にいる七平氏との往復書簡を持ちかけたのではないかと思われる。

 詩人となるまでの経緯やアメリカでの様子などを問いかけながら、国際情勢や生き方などさまざまな話題を語り合っている。

 父と子、異なる世代に属する二人、実力と名声を兼ねそなえた神のような存在に挑む新進気鋭の詩人。色んな面を見せる二人の関係がおもしろい。
[山本七平・良樹『父と息子の往復書簡』]の続きを読む
須賀しのぶ『流血女神伝 女神の花嫁』
女神の花嫁〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)女神の花嫁〈前編〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
(2003/04)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

『邪神の子! 呪われよ!』
 そんなふうに言わないで。あなたたちは、僕からお父さんとお母さんをあんなひどい形で奪ったのに、よくそんなことが言えるね。あなたたちこそ、邪神のしもべじゃないか。あんな恐ろしいことが平気でできるなんて。
『死んでしまえ! おまえはこの世に災いをもたらす存在だ!』
 誰が死ぬもんか。思い通りになってやるもんか。災いをもたらす? それはあんたたちだろう。
『タイアスはおまえの存在を許さない! おまえは無惨に滅びる運命なのだ!』
 ゆるされなくとも存在している。ならば僕の神はタイアスではないのだろう。無惨にほろびるのは、おまえらだ。そうだ、僕はおまえらを滅ぼすために、邪神の力を手に入れよう!
 ただ復讐のために。おまえたちを一人残らず滅ぼすために。おまえたちが父さんと母さんにしたように、最も惨い形で殺してやろう!

『流血女神伝 女神の花嫁 中編』


「流血女神伝 女神の花嫁」全3冊読了。「天気晴朗なれど浪高し」に続いて流血女神伝シリーズ4作目。

 本作も本編から離れ、外伝という位置づけになっているが、著者自ら語るように番外編だった「天気」よりも本編と密接なつながりをもっている。

 本来はカリエと同じく主人公となる予定だったラクリゼの過去が描かれる。かつて流血女神を助けた者を始祖とするザカール族は外部との接触を絶ち、その特別な力で恐れられている。

 その長老クナムは、外部から女神の娘と呼ばれる伴侶を探し当てる風習で。女神の娘が生んだ男児が次のクナムに就く。そしてこれが1000代続いたとき、女神が復活を果たし、その子は世界を支配するとされる。ところが999番目のクナムとして生まれたラクリゼは女だった。

 男として育てられた彼女は誰よりもクナムらしく振る舞おうとする。そんな時、かつて村を駆け落ちした者の息子サルベーンが現れる。秘密を抱え孤独を深めるラクリゼは同じ異端者としてサルベーンに惹かれていく。二人は村を脱け出しホルセーゼの傭兵部隊を目指すことになるが……。
[須賀しのぶ『流血女神伝 女神の花嫁』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。