深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W. B. イエイツ(編)『ケルト妖精物語』
ケルト妖精物語 (ちくま文庫)ケルト妖精物語 (ちくま文庫)
(1986/04)
井村 君江

商品詳細を見る

 もし妖精がいなかったら、アイルランドの農民は、これほど豊かな詩情を持ちえたであろうか。ドニゴールの農家の娘たちは、もし大地や海が、そうした美しい伝説やとても悲しい物語によって愛すべきものになっていないとしたら、内地に働きに出かけるときいつもするように、ひざまずいてその海の水に触れるということをするだろうか。老人たちは、もし数限りない精霊たちが、自分たちのまわりにいないとしたら、晴れやかに、こんな話を呟きながら息を引きとることができるだろうか――「湖は泳いでいる白鳥を重荷とは思わない、馬は鞍を、そして人は、その内にある魂を重荷とは思わない」

W. B. イエイツ(編)『ケルト妖精物語』



 19世紀後半にイエイツがアイルランドの民間伝承や詩を集めて出版した二つの書物から妖精に関するものを集めて編集したもの。

 妖精といえばティンカーベルのようなかわいらしいイメージを持っていたが、アイルランドの妖精はより異形のものといった感じが強く西洋版の妖怪といっていいようだ。


 イエイツによれば妖精は女神ダーナの巨人神族が小さくなったものとも、堕天使とも言われる。彼らの悪戯には悪意がなかったため地上にとどまめられたと。彼らは気まぐれで怒りやすいため、「よい人たち(グッド・ピープル)」と呼ばなければいけないという。

 そういった意味で、民間伝承とキリスト教が融合してできた物語が多いのかもしれない。妖精が最後の審判で救われるのかを尋ねさせたり、メロウと懇意になった漁師が水死した猟師の魂を解放しに海にもぐるといった話はそういった特色が濃いものだと思う。
[W. B. イエイツ(編)『ケルト妖精物語』]の続きを読む
スポンサーサイト
島尾敏雄『死の棘』
死の棘 (新潮文庫)死の棘 (新潮文庫)
(1981/01)
島尾 敏雄

商品詳細を見る

 それをじっとみていた妻が、私の耳に口をもってきて、「あたしがキチガイになったら、あなたあんなふうに介抱してくれる?」と言ったのだ。

(島尾敏雄『死の棘』)


あらすじ


 幼い子ども二人と夫婦の四人家族に夫の浮気が発覚する。夫は女との関係を清算し家庭を修復しようとするが、妻は時や場所を選ばず発作的に夫を糾問し始める。女の脅迫も始まり一家は住み慣れた家を手放すことになる。夫は妻を医師にみせることにする。しかし妻は入院した病院を抜け出してしまう。そして転居先に現れた女に妻は暴行を加える。退去を余儀なくされた夫は親戚を頼りながら妻を精神科に入院させる手続きをとるのだった。



 夫トシオの浮気発覚から妻ミホの入院までの一家の姿を克明に記録した私小説的な作品。

 全編が妻と夫の口論と言っても過言でないかもしれない。思わず目をそらしたくなるような、息詰まる夫婦喧嘩の連続。逃げ出してしまうこともできない、何の展望も描くことのできない圧倒的な絶望を描いている。

 自分はあなたしか知らないのに、あなただけ他の女と楽しんでずるい、と問い詰められたらぐぅの音も出ないだろうなと感じた。全てを明らかにしなければ気が済まない妻の迫力がすごい。
[島尾敏雄『死の棘』]の続きを読む
ブログ開設
 何か新しいことを始めたいということでブログをつくってみました。
 読んだ本のメモを残していくことが当面の目的です。

 なるべくコンスタントに記事を書いていけるようにがんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。