深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹『遠い太鼓』
遠い太鼓 (講談社文庫)遠い太鼓 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社
売り上げランキング : 6844

Amazonで詳しく見る

 それから犬がいる。椅子の足もとで、二匹の茶色い犬がごろんと横になったまま身動きひとつしない。生きているのか死んでいるのか、まったくみわけがつかない。これはスペッチェス島に限らず、全ギリシャで日常的に見受けられる現象である。僕はこれを「死に犬現象」と呼んでいるのだが、とにかくギリシャの犬は暑い午後にはみんなこんな風に、ぐったりと石のごとく眠るのである。もう本当に文字どおり、びくりとも動かない。息すらしていない。(ように見える)。ギリシャ人にとってさえこのような「横たわり犬」の生死のほどを見分けるのは至難のわざであるらしく、何人かのギリシャ人が横たわり犬のまわりを取り囲んで、犬が生きているか死んでいるかについて額に皺をよせて真剣に討論している光景を何度か見掛けた。棒か何かでつついてみればすぐにわかると思うのだけれど犬を起こすのが可哀そうだと思うのか、それとも噛みつかれるのが怖いのか、そういうことをする人はいない。ただじっと見て、これは生きてるだの、いや死んでいるだのと言い合っているだけである。犬も暇だけれど、人間の方も相当に暇である。

村上春樹『遠い太鼓』


「英語で読む村上春樹」の前から、NHKラジオでは村上春樹の特集を組んで相当に力を入れていた。去年の正月には、「かえる君、東京を救う」他の短編の朗読があり、今年の春には「遠い太鼓」のギリシャに関する部分の朗読番組が放送されていた。

「かえる君、東京を救う」は、今年の後半英語で読むことになっているので後回しにして、今回は録音しておいた「遠い太鼓」の朗読を聴いてみることにした。

 このエッセイは、1986年から約3年間、ローマ・ギリシャを中心にヨーロッパへ長期滞在していたときの旅行記。この間、「ノルウェイの森」と「ダンス・ダンス・ダンス」を書き上げたとのことで、そのときの事情がわかる。
[村上春樹『遠い太鼓』]の続きを読む
スポンサーサイト
Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』
The Autobiography of Benjamin Franklin (Dover Thrift Editions)The Autobiography of Benjamin Franklin (Dover Thrift Editions)
Benjamin Franklin

Dover Publications
売り上げランキング : 5325

Amazonで詳しく見る

フランクリン自伝 (岩波文庫)フランクリン自伝 (岩波文庫)
フランクリン,松本 慎一,西川 正身

岩波書店
売り上げランキング : 2189

Amazonで詳しく見る

I grew convinc'd that truth, sincerity and integrity in dealings between man and man were of the utmost importance to the felicity of life; and I form'd written resolutions, which still remain in my journal book, to practice them ever while I lived.
私は人と人との付き合いにおいての正直、誠実、高潔さが人生の幸福に最も重要なものであると認めるようになった。私は終生これらの美徳を実行すると決め、日記帳に書き留めたが、それは今でも残っている。

Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』


 自分で購入した洋書で未読のものは、勢いで買ってしまった三島由紀夫の『Forbidden Colors』だけになった。実はこの『禁色』は初めて買った洋書で、1ページ目で挫折した経験から、再び手に取る意欲がなかなか湧きません。

 というわけで、iPhone 用のアプリ「iBooks」でダウンロードした作品を、初めて買ったパソコンについてきた研究社の英和中辞典を epwing 形式の辞書が使えるアプリ「EBPocket」に入れて、出先での空き時間にちょこちょこ読み進めるのを試しています。

『Winnie-the-Pooh』を読み終わって次は何を読もうかとストアを眺めていたら、すぐに目に留まったのがこの『フランクリン自伝』でした。
[Benjamin Franklin『Autobiography of Benjamin Franklin』]の続きを読む
池波正太郎『男の作法』
男の作法 (新潮文庫)男の作法 (新潮文庫)
池波 正太郎

新潮社
売り上げランキング : 961

Amazonで詳しく見る

 今度、タクシーに乗ったときにだね、やってごらんなさい。運転手が、お客さんが百円くれたとなれば、たとえ百円でもうれしくなって、
「どうも済みません、ありがとうございます……」
 と、こう言いますよ。
 そうすれば、その人がその日一日、ある程度気持ちよく運転出来るんだよ。それで、おおげさかも知れないけれど交通事故防止にもなるんだよ。少なくとも、次に乗るお客のためになっているわけだ。みんながこういうふうにして行けばだね、一人がたとえ百円であっても、世の中にもたらすものは積みかさなって大変なものになるわけだよ。どんどん循環してひろがって行くんだからね。
 だから、そのことを考えて実行することが、
「男をみがく……」
 ということなんだよ。
 ということは、根本は何かというと、てめえだけの考えで生きていたんじゃ駄目だということです。多勢の人間で世の中で世の中は成り立っていて、自分も世の中から恩恵を享けているだから、
「自分も世の中に出来る限りは、むくいなくてはならない……」
 と。それが男をみがくことになるんだよ。

池波正太郎『男の作法』


 その昔、三国志の映像作品に魅せられた私は、歴史小説ばかり読んでいた時期があった。

 当時の私にとってのヒーローは、司馬遼太郎であり吉川英治であって、池波正太郎はおもしろさの面では少し劣ると思っていた。というのもはじめて読んだ池波作品が『幕末新選組』で、『新撰組血風録』や『燃えよ剣』に比べれば、もの足りないと思っていたから。

 しかしそれが大きな間違いであったことは、何年も後に『『幕末遊撃隊』を読んで思い知ることになる。幕末期、一陣の風のように散っていった隻腕の剣士伊庭八郎を描いた、この作品は一人の男がどのように生きるかということを描いた快作だった。

 残念なことに、興味が次第に文学へと移っていった時期ということもあり、読み終えた池波作品は数えるほどしかない。『鬼平犯科帳』ぐらいは読みたいと常々思ってきたが、『マネー・ボール』でふれたまとめブログで、『うらおもて人生録』と一緒に出てきていたので、心惹かれてこの『男の作法』を読んでみようと思った。
[池波正太郎『男の作法』]の続きを読む
小林秀雄『考えるヒント4』
考えるヒント 4 (文春文庫 107-5)考えるヒント 4 (文春文庫 107-5)
小林 秀雄

文藝春秋
売り上げランキング : 326257

Amazonで詳しく見る

 確かに、ランボオは晦渋である。然し、ことに我が国に於て、晦渋な作家を求める事が、どんなに困難であるかを考えてみてはいけないか。習慣というものは恐ろしいものだ。何故、誰も彼もがわかり切った事しか書いていない事に愕然としないのか。進歩的と自称する政治思想、人間的と自称する小説形式、歴史や認識の運動の解明者と自称する講壇哲学、そういうものが寄ってたかって、真正な詩人の追放の為に協力している。言語表現は、あたかも搾木にかけられた憐れな生物の様に吐血し、無味平板な符牒と化する。言葉というものが、元来、自然の存在や人間の生存の最も深い謎めいた所に根を下し、其処から栄養を吸って生きているという事実への信頼を失っては、凡そ詩人というものはあり得ない。

小林秀雄『考えるヒント4』「ランボオ2」より


『考えるヒント3』を読んだ勢いでシリーズを読んでしまおうと思って、こちらを購入した。今までずっと「考えるヒント」の文庫版は5分冊だと思い込んでいたのだけれど、探せど探せど引っかからない。どうやらこちらで完結のようである。

 こちらは今までの3冊とは少し毛色が違う。「ランボオ・中原中也」と副題がついているように、小林秀雄に大きな影響を与えた二人の詩人について書いた文章をまとめたものになっている。

 ところがそれも半分足らずの100ページに過ぎない。残りの半分は小林秀雄訳の『飾画』『地獄の季節』が収録されている上に、「酩酊船」を含むいくつかの韻文詩も収録されている。その点、ランボオの詩集として最も親しまれてきただろう岩波文庫版よりも、少しお得感がある一冊。
[小林秀雄『考えるヒント4』]の続きを読む
小林秀雄『考えるヒント3』
考えるヒント 3 (文春文庫 107-3)考えるヒント 3 (文春文庫 107-3)
小林 秀雄

文藝春秋
売り上げランキング : 69423

Amazonで詳しく見る

 昨日の事を後悔したければ、後悔するがよい、いずれ今日の事を後悔しなければならぬ明日がやって来るだろう。その日その日が自己批判に暮れるような道を何処まで歩いても、批判する主体の姿に出会う事はない。別な道が屹度あるのだ、自分という本体に出会う道があるのだ、後悔などというお目出度い手段で、自分をごまかさぬと決心してみろ、そういう確信を武蔵は語っているのである。それは、今日まで自分が生きて来たことについて、その掛け替えのない命の持続感というものを持て、という事になるでしょう。そこに行為の極意があるのであって、後悔など、先き立っても立たなくても大した事ではない、そういう極意に通じなければ、事前の予想も事後の反省も、影と戯れる様なものだ、とこの達人はいうのであります。行為は別々だが、それに賭けた命はいつも同じだ、その同じ姿を行為の緊張感の裡に悟得する、かくの如きが、あのパラドックスの語る武蔵の自己認識なのだと考えます。これは彼の観法である。認識論ではない。

小林秀雄『考えるヒント3』「私の人生観」より


『Xへの手紙・私小説論』でも書いたとおり、日本の批評をわかりにくくした元凶のように言われていたのをいいことに、自分には手には負えないだろうと思って小林秀雄はあまり読んでこなかった。

 ところがタイトルに惹かれて何となく手に取った「考えるヒント」は思っていたよりかはずっと読みやすいものだった。そしてそのまま続けて買った「考えるヒント2」はやはり難しかった。だけれど、とてもおもしろかった。

「考えるヒント2」のインパクトがあまりにも大きかったので、なかなか続きを読む力が湧かなかったけれど、今回古本屋で三巻目を安く見つけたら現金なもので、読んでみようという気になった。
[小林秀雄『考えるヒント3』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。