深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片田敏孝『人が死なない防災』
人が死なない防災 (集英社新書)人が死なない防災 (集英社新書)
片田 敏孝

集英社
売り上げランキング : 80083

Amazonで詳しく見る

 東日本大震災も、まさしく、そのような状況の中で起こったわけです。
 大きな防潮堤ができたことによって、田老では逃げなかった住民がいた。釜石でも、ここは安心できる地だと思った住民がいた。そして逃げなかった。そこに、想定を超える津波が来たのです。そして何が起こったかは、皆さんがご存知のとおりです。膨大な人命が失われてしまいました。
 私が言いたいのは、こういうことです。
 田老や釜石など東日本大震災で被災した地域は、「想定外」だったから被害を受けたわけではありません。また、「想定が甘かった」わけでもありません。そうではなくて、「想定にとらわれすぎた」のです。
 東日本大震災によって顕在化したのは、防災というものがはらむ裏側の問題です。それは、防災が進むことによって、社会と人間の脆弱性が増し、住民を「災害過保護」ともいうべき状態にしてしまうという問題にほかなりません。

片田敏孝『人が死なない防災』


 東日本大震災で津波に襲われた岩手県釜石市。釜石市の小学校、中学校は沿岸にあったものの、生徒たちは率先して避難し、ほぼ全員が津波の難を逃れたという。このことは「釜石の奇跡」として称えられた。

 その背景には、震災の8年前から取り組まれていた防災教育がある。著者はその必要性を説き、実際に講師として足繁く釜石に通い、児童の指導に当たった。

 先日、NHKラジオの文化講演会で「想定外を生き抜く力~釜石市津波防災教育に学ぶ~」というテーマで話されているのを聴き、興味を持ってこの本を読んでみることにした。
[片田敏孝『人が死なない防災』]の続きを読む
スポンサーサイト
畝山智香子『「安全な食べもの」ってなんだろう?』
「安全な食べもの」ってなんだろう? 放射線と食品のリスクを考える「安全な食べもの」ってなんだろう? 放射線と食品のリスクを考える
畝山智香子

日本評論社
売り上げランキング : 50272

Amazonで詳しく見る

 いずれにせよ、最終的判断をするには、個別の作物や製品の「基準値超過」を問題にするのではなく、総摂取量はどのくらいでそれは安全基準のどの程度なのかを考える必要があるのです。そして安全基準を超過していた場合でも、その基準はどのような毒性データを根拠に認定されたものかまでさかのぼって検討しないとリスクの大きさやその意味は判断できないのです。

畝山智香子『「安全な食べもの」ってなんだろう?』


『ほんとうの「食の安全」を考える』の畝山さんが昨年の福島第一原子力発電所の事故を受けて新刊を出されたということを知って読んでみることにした。

 副題が「放射線と食品のリスクを考える」となっており、食品に含まれる発がん物質のリスクについて説明し、それと比較することで放射線による発がんリスクを位置づけようというもの。

 私自身、だいぶ麻痺してきたとはいえ、3.11以来食べるものに対しては神経質になっていた。米や乳製品、魚や海草といった好んでよく食べていたものを、びくつきながらでしか食べられないという状況は一刻も早く脱け出したい。そのために食品を選ぶ判断材料が欲しい。そして安心して食事をしたいと思ったのだ。
[畝山智香子『「安全な食べもの」ってなんだろう?』]の続きを読む
スタン・ギビリスコ『独習 電気/電子工学』
独習 電気/電子工学独習 電気/電子工学
Stan Gibilisco,矢沢 久雄,日向 俊二

翔泳社
売り上げランキング : 156419

Amazonで詳しく見る

 ある周波数において、すべての4つの経路の音波がたまたま聞き手の耳に正確に同じ位相で到達するものとします。その周波数の音はボリュームが大きくなるでしょう。この周波数の倍音でも、同じ位相になります。その結果、アンチノードと呼ぶ音響的なピークとなり、元の音を歪ませる結果になるので好ましくありません。他のある特定の周波数では、波は逆位相になる可能性もあります。これをノードまたはデッドゾーンと呼び、音が聞こえない領域ができます。聞き手が位置を移動すると、影響を受ける周波数のボリュームがすべて変化します。これだけではなく、ほかの周波数でも別のアンチノードとノードが存在するでしょう。
 音響の設計で最も大きな挑戦のひとつは、重大なアンチノードとノードを回避することです。家庭のHi-Fiシステムでは、これは単純で、音波が天井、壁、床、家具から反射する程度を最小にするだけです。天井には音響タイルを使い、壁は壁紙かコルクタイルを貼り、床にはじゅうたんを敷き、家具は布張りにすることができます。大きい講堂やコンサートホールでは、音が伝わる距離が長いこと、そして聴衆の体でも反射することなどから、問題はさらに複雑になります。

スタン・ギビリスコ『独習 電気/電子工学』


 ラジオ付きICレコーダー(ICR-RS110MF)を買って、久しぶりにラジオを楽しむ生活を始めた。アナログ放送終了とともに地デジ難民化しそうでもあり、アンテナのこととか一度詳しく知りたいと思っていた。

 知人の中にもオーディオに凝って自分でスピーカーを自作したり、ラジコンを走らせて楽しんだり、電子工作もひとつの趣味の世界として成り立っているので、色々深く知っていったらおもしろい世界なんじゃないかなと思っていた。

 というわけで学生時代以来、電気のことを全く触れてもこなかった私だが、無謀にも500ページ超もある本書に挑戦してみることにしたのだった。
[スタン・ギビリスコ『独習 電気/電子工学』]の続きを読む
サイモン・シン『暗号解読』
暗号解読〈上〉 (新潮文庫)暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
サイモン シン,Simon Singh,青木 薫

新潮社
売り上げランキング : 3437
おすすめ平均 : 5つ星のうち5.0

Amazonで詳しく見る

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
サイモン シン,Simon Singh,青木 薫

新潮社
売り上げランキング : 3781
おすすめ平均 : 5つ星のうち5.0

Amazonで詳しく見る

 ディフィーとエリスの話題は、考古学から、樽の中のねずみがりんご酒の味をよくするといった話にまで及んだ。しかし話題が暗号の領域に近づくと、エリスはさりげなく話題を変えるのだった。訪問が終わり、今から車を運転して帰ろうというときになって、ディフィーはとうとう我慢できなくなり、ずっと頭にあった質問をエリスにぶつけた。
「教えてください。あなたたちは公開鍵暗号を発明したのですか」長い沈黙があった。口を開いたエリスは、ささやくようにこう言った。
「どこまで言ってよいものか……。そうですね、あなたがたの方が私たちよりも多くのことをやった、とだけ言っておきましょう」

サイモン・シン『暗号解読 下巻』


 正月の割引券の期限が切れそうだったのでブックオフへ行った。棚を眺めているとサイモン・シンの『暗号解読』がいつの間にか文庫化されているのが目に留まり、そのままレジに向かった。

 サイモン・シンは取っつきにくい科学の問題を一般向けにわかりやすく紹介するライターとして有名。その作品は、『フェルマーの最終定理』が文庫化されたときに購入して以来になる。

 本書は、文明の最初期にまでさかのぼり、通信の秘密をどうにかして確保し守ろうとする側とその内容をひそかに知り利益を得ようとする側のいたちごっこ的な攻防の歴史を一息にたどりなおすもの。
[サイモン・シン『暗号解読』]の続きを読む
畝山智香子『ほんとうの「食の安全」を考える』
ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)
畝山 智香子

化学同人
売り上げランキング : 13893
おすすめ平均 : 5つ星のうち4.5

Amazonで詳しく見る

 健康にとって本当に大切なのはオーガニックかどうかというより多様な野菜や果物を含むバランスの取れた食生活で、それは決して費用が嵩むようなものではありません。旬の野菜や果物なら安価ですし、端境期や天候不順で生鮮野菜や果物が不足しているような場合には缶詰めや冷凍食品などを上手に組み合わせればいいのですから、加工品も上手に利用できれば手間隙を省きながらもバラエティー豊かな食卓になります。こういう誰にとっても有り難いはずの情報が主流にならないのです。

畝山智香子『ほんとうの「食の安全」を考える』


自身がどうも貧血らしいと判明してから、検査を受けないと、とは思いつつなかなか時間が取れないでいる。代わりといっては何だけれど、鉄欠乏性のものかも判らないまま、鉄分の摂取を心がけるようになった。

そこで気がつくのは鉄を含む食品は肉や魚といった生鮮食品が多く、手軽で廉価なものが少ないということ。食生活の改善で貧血を克服というのは、前途多難な道のりである。

健康な食生活を送るためには、かなりの出費を覚悟しなければならないのではないか。「食」をめぐる問題がニュースなどで取り沙汰されている時に感じていた疑問が再び頭をもたげてきた。
[畝山智香子『ほんとうの「食の安全」を考える』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。