深海魚の水槽
読んだ本のメモなどを残していく予定です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
城繁幸 『7割は課長にさえなれません』
7割は課長にさえなれません (PHP新書)7割は課長にさえなれません (PHP新書)
城 繁幸

PHP研究所
売り上げランキング : 23197

Amazonで詳しく見る

 日本企業を敬遠するのは、なにも留学生だけではないということだ。まだあまり知られてはいないことだが、すでに東京、シンガポール、香港を結ぶ横断的転職市場は形成されつつある。
(中略)
 さらにいえば、この流れは完全に新卒市場にも波及している。東洋経済新報社が二〇一〇年卒業予定の学生に対して実施した就職希望調査において、東大、京大それぞれのトップ10に日の丸メーカーが一社も入らない一方で、外資系金融、コンサルといった年俸制企業が三社もランクインしているのだ。
 これらの動きは、一見するとつながりがないように見えるかもしれないが、すべて一つの方向を指し示している。要するに、以前は外国人に限られていた「日本企業離れ」の傾向が、国籍や地位を問わず、(少なくとも選択肢のある)若手全体に拡大しつつあるということだ。
 では、彼らが日本企業を敬遠する理由とは何だろう?
 それは、年功序列制度にある、初任給から始まり、50代半ばでピークに達する賃金カーブを思い描くといい。あれは要するに、その世代における平均賃金の推移を示す曲線である。つまり「少なくとも自分は平均以上に優秀であるはずだ」と自負する者にとっては、日本企業は割に合わない人生の投資先だ。そして、そう判断して外資をめざしたり、日本企業を三年で辞める若者が増加しているということは、今後の賃金カーブの低下を予想する人間がふえているということだ。これが、人の流れが変化した理由である(図10)。
 もちろん「自分はつねに平均以下だ」と割り切っている人間にとっては、終身雇用はいまも変わらず魅力的な制度である。そういう人材だけで商売が成り立つかどうかは別問題だが。

城繁幸 『7割は課長にさえなれません』


 先日、『はじめての課長の教科書』を読んで関連書籍を眺めたりしていたら、読後の余韻に冷や水を浴びせるようなタイトルが跳びこんできた。

 よく見てみると、著者は『若者はなぜ3年で辞めるのか?』の城繁幸さんで、若者三部作の最終巻という位置づけらしい。

『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は流行がだいぶ落ち着いてから読んではいるものの『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』は未読で、どうかなと思ったけれど、先に挙げた本との関連もあるで読んでみることにした。
[城繁幸 『7割は課長にさえなれません』]の続きを読む
スポンサーサイト
曽村保信『地政学入門』
地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))
曽村 保信

中央公論社
売り上げランキング : 7233

Amazonで詳しく見る

 ソ連は、しばしば大陸国家だといわれる。が、とくにその中心部についてみるとき、白海とバルト海、そして黒海という周辺部の運河または上記のような河川の体系によって互いに結ばれている。もとより大型の船舶はこれらを航行できない。しかしながら三千トン内外の、優に外洋の航海にたえられるだけの艦船が、内陸を自在に往来できるのは、この国だけである。したがって、このことは戦略的にみて、大変重要な意味をもっている。
 たとえばモスクワ近在の工場の製品を積載した船は、まず黒海に出てから、さらに地中海を経て、世界の各地に物を運ぶことができ、その間に荷物を積み替える必要がない。あらゆる商業用船舶が軍の統制下にあるソ連では、武器の積み出しももちろん同時にできる。そして場合によっては、アマゾン川をさかのぼってキト(エクアドル)の近辺まで行くこともある。こうしてソ連国内の水系は、南米のアンデス山脈までつながっているわけだ。このように国内の河川航運と外洋における海運とをひとつなぎにしてみたのが、つまりソ連の“水運”である。

曽村保信『地政学入門』


 地政学というと、お話にすぎないとばっさり切り捨てる向きも比較的多く、うさんくさい印象を持っている方も多いかもしれない。

 しかし都市の誕生挿話には名将が草の生えた土地の発展性を見抜いたというものが多くあるし、兵法家が歩き回って要害の地を見つけたり、土地の特性みたいなものが何かしらあるような気もする。

 そういう一種の山師的な魅力を地政学には感じ、勝手なイメージを抱いていたのだけれど、実際の学問としての地政学というのはどういうものだろうと思っていて、この本を手にとってみた。
[曽村保信『地政学入門』]の続きを読む
マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル,Michael J. Sandel,鬼澤 忍

早川書房
売り上げランキング : 56

Amazonで詳しく見る

 分配の正義のよりどころを道徳的功績に求めないという考え方は、道徳的には魅力的だが、人びとを不安にさせる。この考えが魅力的なのは、それが実力主義の社会につきものの独善的な前提、つまり成功は美徳がもたらす栄誉であり、金持ちが金持ちなのは貧乏人よりもそれに値するからだという前提をくつがえすからだ。ロールズが指摘しているように、「自分が才能に恵まれ、社会で有利なスタートを切ることのできる場所に生まれたのは、自分にその価値があるかだといえる人はいない」。われわれがたまたま、自分の強みを高く評価してくれる社会に生きているのも、われわれの手柄ではない。それを決めるのは運であって、個人の徳ではない。
 いっぽう、正義は道徳的功績とは関係ないとする考えが不安をあおる理由は、それほど簡単には説明できない。職やチャンスを得るのは、それに値する人間だけだという信念は根深い。(中略)
 この根強い思い込み――成功は徳への見返りであるという信念は、単なる思い違いであり、われわれを呪縛している神話なのかもしれない。運の道徳的恣意性に関するロールズの指摘は、この信念に大きな疑問を投げかけている。それでもロールズとドゥウォーキンが示唆しているように、正義に関する議論を功績をめぐる論争から切り離すことは、政治的にも哲学的にも不可能なのかもしれない。その理由を説明してみよう。
 第一に、正義は名誉とかかわっていることが多い。分配の正義をめぐる論争では、誰が何を得るかだけでなく、名誉や見返りにふさわしい資質は何かかが議論される。第二に、組織が自らの使命を定義してはじめて、評価すべき能力が決まるという考え方は混乱を招く。正義をめぐる論争にはよく、学校、大学、職能団体、専門家団体、公的機関といった組織が登場するが、彼らはみずからの使命を好き勝手に決めていいわけではない。少なくともある程度は、その組織が奨励している善に制約される。ロースクールや軍隊、オーケストラが持つべき使命にはつねに議論の余地があるが、何でもよいわけではない。組織によって、ふさわしい善がある。それを無視して役割を割り当てることは、ある種の堕落につながるだろう。

マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』


 昨年から何かと話題になっている本で、哲学の本がこんなに売れているのは何でだろうと思っていた。どうもNHKで放送されたテレビの公開講義から火がついて話題になったらしい。

 そんな事情には全く疎く何かよく見かけるなという程度だったのだけれど、副題になっている「いまを生き延びるための哲学」という言葉に惹かれて、読んでみたいなと思うようになった。

 原題はそのものずばりの「正義」で、何が正しいかということを問題にしている。あまり深く意識したことはなかったけれども、「法律はいかにあるべきか、社会はいかに組み立てられるべきか」という問題と密接に関わっている。というわけで、哲学といってもとても身近に感じられる話題が豊富に含まれている。
[マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』]の続きを読む
青砥恭『ドキュメント高校中退』
ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書 809)ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書 809)
(2009/10)
青砥 恭

商品詳細を見る

 もうじき、父の四十九日があるが、郷里に帰る金はない。義母から連絡がきたが、お金がないから帰れないと話すと、義母は電車代を貸してあげるから帰ってきなさいといった。生活保護を受ける母子家庭の普段の生活は厳しい。毎日、財布の中の残金を見て何を食べるかを考える生活だ。育ち盛りの男の子を三人、どう育てるか、悩み続ける。久子さんは「貧しいということは何もできないことです」という。「何も選べないんですよ。服も子どもの教育も、何も選べないんですよ。ついらいのは子どもたちに何もしてあげられないことです。心の教育しかしてあげられませんから」と自嘲的に話す。
「だけど、うちの子たちは苦労しているだけやさしいんです」
 そんな中でも久子さんは、がんばっていきたいと話しているが、まだこれからも、まったく先が見えない生活が続く。

青砥恭『ドキュメント高校中退』


 高校無償化法が成立したりと何かと話題の高校教育。少し思うところがあり、最近発売されたこちらを手にとってみた。

 本書は高校教諭を勤めた経験を持ち、高校中退問題に深くかかわる著者が丹念な取材を元に高校中退問題の現状を描き出したもの。

 ドキュメントという題名通り、実際の取材に基づいた底辺高校の実態、高校中退者へのインタビューを通して、半分以上が生の声に当てられている。

 残りの部分で、著者が「高校教育の義務教育化」など、数々の提言が行われている。
[青砥恭『ドキュメント高校中退』]の続きを読む
佐藤孝治『〈就活〉廃止論』
<就活>廃止論 (PHP新書)<就活>廃止論 (PHP新書)
(2010/01/16)
佐藤 孝治

商品詳細を見る

 だから私は「今の就職活動はここがおかしい」「こんな就職活動なんて意味がない」といった批判や問題提起だけで終わりにしたくない。確かに現在の就職活動には問題点が山ほどあるが、そのプロセスにどう向き合うかによって、その人が社会人として、人間としてどれだけ成長できるかが決まる。就職活動の現状に不平を言うだけでは、その仕組みの意味や問題点をよく知り、その環境を利用して自分自身を高めていく。ちょっと視野を広げてあげれば、そういうことができる学生は実はたくさんいる。社会で活躍できる人というのはそんな人である。私はそういう人を応援したい。

佐藤孝治『〈就活〉廃止論』


 過激なタイトルがふと目に留まり手にとってみた。

 著者は人材系の会社を経営している方で、就職支援や企業の人材募集についての提言などを精力的に行っているよう。

〈廃止〉と銘打ってはいるが、上に引用したように就職活動をしないことを勧めるものではなく、現在の新卒一括採用に疑問を投げかけるもの。
[佐藤孝治『〈就活〉廃止論』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。